Skip to main content

 

参考情報

 

OutSystems

SQL Server/Azure SQLのPlatformタブ

[Database]タブでDatabase Providerプロパティを「SQL Server/Azure SQL」に設定すると、以下の構成が使用可能になります。

Databaseセクション

このセクションには、SQL Server/Azure SQLデータベースの一般的な設定が含まれます。

構成 説明 デフォルト値
Server データベースサーバーのホスト名またはIPアドレス。 localhost
Database OutSystemsで使用するデータベースカタログ。 outsystems
Authentication 使用する認証プロトコル。 Database Authentication

高度な設定を行う場合には、[Advanced Settings]リンクをクリックします。

構成 説明 デフォルト値
高度な接続設定
Runtime Applications OutSystemsアプリケーションに特有の接続文字列を使用できます。
OutSystems Services OutSystemsサービスに特有の接続文字列を使用できます。
Default Query Timeout データベースクエリが完了するまでの期間(秒)を設定します。この値は、クエリごとに開発環境で上書きできます。 30
1-Click Publish
Database Update Query Timeout アプリケーションを1-Click publishした際に、データベースアップデートが実行されるまでのデフォルトの期間(秒)を設定します。 600

Administratorセクション

[Administrator]セクションでは、プラットフォームを管理するデータベースユーザーを構成できます。このユーザーが、OutSystemsメタモデルのテーブル、ビュー、インデックスの所有者となります。

構成 説明 デフォルト値
User OutSystemsメタモデルのテーブルの所有者であるユーザーの名前。 OSADMIN
Password ユーザーのパスワード。

Runtimeセクション

[Runtime]セクションでは、実行時にアプリケーションが使用するデータベースユーザーを構成できます。このユーザーは、開発者が開発環境で作成したテーブルの所有者となります。

構成 説明 デフォルト値
User 開発環境で作成されたテーブルの所有者であるユーザーの名前。 OSRUNTIME
Password ユーザーのパスワード。

Create/Upgrade Databaseボタン

プラットフォームが要求する様々なデータベースオブジェクト(テーブル、インデックス、ビューなど)を作成するには、[Create/Upgrade Database]をクリックします。

このボタンをクリックすると、インストール中のOutSystems Platform Serverバージョンの実行に必要なデータベースオブジェクト(テーブル、インデックス、ビュー、ストアドプロシジャなど)をすべて作成できます。

OutSystemsをインストールまたはアップグレードするには、以下のインストールチェックリストに従う必要があります。

  • Was this article helpful?