Skip to main content

 

参考情報

 

OutSystems

SQL Server/Azure SQLのLogタブ

Database Providerプロパティが「SQL Server / Azure SQL」に設定されている場合、[Log]タブで以下の構成を行うことができます。

Databaseセクション

このセクションには、ロギングデータベースへのSQL Server/Azure SQLデータベース接続の一般的な構成が含まれます。

構成 説明 デフォルト値
Server データベースサーバーのホスト名またはIPアドレス。 localhost
Database ロギングデータベースで使用するデータベースカタログ。 outsystems_log

高度な設定を行う場合には、[Advanced Settings]リンクをクリックします。

構成 説明 デフォルト値
高度な接続設定
Runtime Applications OutSystemsアプリケーションに特有の接続文字列を使用できます。
Log Service Port ログサービスが検出するポート。 12003
Log Cycle Period ログファイルが保管される期間(週単位)を表示します。この期間を過ぎるとログテーブルがローテーションされ、情報は失われます。 4

Administratorセクション

[Administrator]セクションでは、ロギングデータベースを管理するデータベースユーザーを構成できます。このユーザーが、ログテーブル、ビュー、インデックスの所有者となります。

構成 説明 デフォルト値
User ログテーブルと関連オブジェクトの所有者であるユーザーの名前。 OSADMIN_LOG
Password ユーザーのパスワード。

注記: [Plafform]タブでAuthenticationが「Windows Authentication」に設定されている場合、これらの構成は読み取り専用となります。

Runtimeセクション

[Runtime]セクションでは、実行時にアプリケーションがロギング目的で使用するデータベースユーザーを構成できます。このユーザーは、開発者が開発環境で作成したテーブルの所有者となります。

構成 説明 デフォルト値
User 実行時にアプリケーションがロギング目的で使用するユーザーの名前。 OSRUNTIME_LOG
Password 指定されたユーザーのパスワード。

注記: [Plafform]タブでAuthenticationが「Windows Authentication」に設定されている場合、これらの構成は読み取り専用となります。

Create/Upgrade Databaseボタン

ロギングに欠かせない様々なデータベースオブジェクト(テーブル、インデックス、ビューなど)を作成するには、[Create/Upgrade Database]をクリックします。

  • Was this article helpful?