Skip to main content

 

参考情報

 

OutSystems

OracleのLogタブ

Database Providerプロパティが「Oracle」に設定されている場合、[Log]タブで以下の構成を行うことができます。

Databaseセクション

この領域には、Oracleデータベースの一般的な構成が含まれます。

構成 説明 デフォルト値
Naming Method Oracleデータベースサーバーへの接続方法。 Service Name
Host データベースサーバーのホスト名またはIPアドレス。
このオプションは、Naming Methodが「Service Name」に設定されている場合のみ利用可能です。
localhost
Port データベースサービスが検出を行うポート。
このオプションは、Naming Methodが「Service Name」に設定されている場合のみ利用可能です。
1521
Service Name Oracleデータベースサービスの名前。
このオプションは、Naming Methodが「Service Name」に設定されている場合のみ利用可能です。
TNS Name tnsnames.ora構成ファイルで定義されているアドレス名。
このオプションは、Naming Methodが「TNS Name」に設定されている場合のみ利用可能です。

高度な設定を行う場合には、[Advanced Settings]リンクをクリックします。

構成 説明 デフォルト値
高度な接続設定
Runtime Applications 実行時にOutSystemsアプリケーションで使用された場合のデータベース接続の動作を構成できます。
Error Messages Language データベースに接続する際のNLS_LANGUAGE設定を設定できます。
サポートされる値については、Oracleのドキュメントをご覧ください。
Log Service Port ログサービスが検出するポート。
注記: この設定は、新規インストール時には使用できません。
12003
Log Cycle Period ログファイルが保管される期間(週単位)を表示します。この期間を過ぎるとログテーブルがローテーションされ、情報は失われます。 4

OutSystemsは、Oracleデータベース向けにUnicodeをサポートしています。Unicode対応で開発を開始するには、Oracleデータベースがデータベース文字セットとしてAL32UTF8を使用している必要があります。

Administratorセクション

[Administrator]セクションでは、ロギングデータベースを管理するデータベースユーザーを構成できます。このユーザーが、ログテーブル、ビュー、インデックスの所有者となります。

構成 説明 デフォルト値
User ログテーブルと関連オブジェクトの所有者であるユーザーの名前。 OSADMIN_LOG
Password ユーザーのパスワード。
Tablespace システムテーブルの保存先となるテーブルスペース。 OSSYS_LOG
Index Tablespace プラットフォームの全インデックスの保存先となるテーブルスペース。 OSIDX_LOG

Runtimeセクション

このセクションでは、ロギングデータベース内のユーザーテーブルを所有するユーザーのログインを指定します。

構成 説明 デフォルト値
User ロギングデータベースで作成されたユーザーテーブルの所有者であるユーザーの名前。 OSRUNTIME_LOG
Password 指定されたユーザーのパスワード。
Tablespace ロギングデータベースで作成されたユーザーテーブルの保存先となるテーブルスペース。 OSUSR_LOG

Create/Upgrade Databaseボタン

ロギングに欠かせない様々なデータベースオブジェクト(テーブル、インデックス、ビューなど)を作成するには、[Create/Upgrade Database]をクリックします。

  • Was this article helpful?