Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

 

OutSystems

環境のログおよび状態を表示する

Service Centerコンソールの[Monitoring]領域では、ログやその他の有用な情報を表示し、OutSystemsアプリケーションと環境の状態を監視することができます。

環境の[Monitoring]領域にアクセスするには、以下のいずれかの手順を実行します。

  • LifeTimeコンソール(https://<LifeTime環境>/lifetime)の[Applications]セクションで、アクセスする環境の[View Logs]リンクをクリックします。環境のService Centerコンソールの[Monitoring]領域にリダイレクトされます。

    ログの表示

  • 環境のService Centerコンソール(https://<環境>/ServiceCenter)に直接アクセスし、[Monitoring]をクリックします。

    監視

[Monitoring]領域

この領域では、環境のログを参照することができ、環境の現在の状態に関する情報も参照できます。ほぼすべてのログオプションでログをExcelにエクスポートできるため、Operationsチームのメンバーは、これらのログを分析し、必要に応じて共有することができます。

エラー

この画面には、プラットフォームで生成されたすべてのエラーが表示されます。エラーには、システムエラーのように暗黙的なものと、アプリケーションのロジックによって生成された例外などのように明示的なものがあります。また、この画面には、ログタイプがErrorおよびFatalとなっている、ネイティブアプリシェルのログエントリも表示されます。これにはエンドユーザーのモバイルデバイスで発生したエラーが含まれます。この画面には、登録されていないユーザーによるページへのアクセス試行など、セキュリティ例外も表示されます。

ログの[Detail]リンクをクリックすると、実行スタック トレースを分析することができます。

General(全般)

この画面には、システムおよびアプリケーションのアクティビティが表示されます。これには、スロークエリの警告など暗黙的なものと、アプリケーションでのLogMessageシステムアクションの呼び出しなど明示的なものがあります。また、アプリケーションデプロイ時のデプロイ手順、およびログタイプがGeneralであるネイティブアプリシェルのログエントリも表示されます。

これにより、アプリケーションが低速である原因として考えられるものを把握することができます。

Traditional Web Requests

この画面には、サーバーが従来のWebアプリのリクエストを処理するときにかかった時間が表示されます。

エンドユーザーへの表示に時間がかかりすぎているのはどの従来のWebアプリ画面かを把握することができます。

Screen Requests

この画面には、サーバーがモバイルアプリおよび従来のWebアプリのリクエストを処理するときにかかった時間が表示されます。

エンドユーザーへの表示に時間がかかりすぎているのはどのモバイル画面および従来のWeb画面かを把握することができます。

サービスアクション

この画面には、サーバーがサービスアクションを実行するときにかかった時間が表示されます。

各Service Actionsログの情報量は、「サービスアクションが動作するモジュールに設定されたロギングレベル」によって異なります。下の画像は、TroubleshootロギングレベルおよびFullロギングレベルで表示されるエラーログエントリの詳細を示しています。

サービスアクションエラーの詳細

Service Actionログに含まれる[Request Key]フィールドを使用すると、トップレベルの同じリクエストからすべてのログを関連付けることができるため、一連のリクエストの発行元を特定できます。

Integrations

この画面には、サーバーがREST、SOAP、SAPなどの公開連携および利用中連携のアクションを実行するときにかかった時間が表示されます。

これにより、任意の時点における環境への着信リクエストを把握することができ、利用中の外部サービスに起因するアプリケーションのエラーをトラブルシューティングできます。

Extensions(拡張機能)
この画面には、リクエスト中に実行されたすべての拡張機能アクション、呼び出し元モジュール、および拡張機能アクションが返答に要した時間が表示されます。
Timers(タイマー)

この画面は、実行された各タイマー、タイマーの実行予定時刻、実行に要した時間、および次の実行予定時刻を表示します。

これにより、実行をタイマーに依存する非同期ロジックのトラブルシューティングが可能です。

Emails(メール)

送信されたすべてのメールと、メールが正常に送信されたか保留中かが表示されます。アプリケーション開発時に、メールの内容を記録するかどうか選択することもできます。

アプリケーションロジックのトラブルシューティングを行い、メールが正しく送信されているかを把握できます。

プロセス

この画面には、ビジネスプロセスごとに現在有効なインスタンス、サスペンド中のインスタンス、および終了したインスタンスの数が表示されます。また、エラーのあるインスタンスの数も表示されます。

ビジネスプロセスのインスタンスが正常に実行されたかエラーが発生したかを確認し、それをサスペンドまたはターミネートすることもできます。

モバイルアプリケーション開発
この画面には、リクエストされたモバイルアプリパッケージの一覧がアプリケーション別に表示されます。この一覧には、パッケージが生成されたネイティブプラットフォームとステータスも含まれます。
Environment Health(環境の状態)
OutSystemsサービスの状態が表示されます。これには、各フロントエンドで実行されているサービスが含まれます。また、プロセス、メール、タイマーなどの非同期タスクの状態も表示されます。これにより環境の状態の概要を把握できます。

Environment Health]画面のScheduler Serviceに関する情報は、コンテナで実行されていないアプリケーションにのみ適用されます。

セキュリティ
ログイン試行が複数回失敗したためにPlatform ServerによりブロックされたIPアドレスが表示されます。これらのIPアドレスのブロックを解除することができます。

ネイティブアプリシェルのロギング

OutSystemsを使用すると、モバイルアプリのエンドユーザーのデバイスで発生している可能性のあるエラーをすべて表示できます。この機能により、モバイルアプリで検出されたあらゆる問題を把握し、迅速に対応することができます。

ネイティブアプリシェルログは、環境のService Centerコンソールの[Monitoring]セクションの[Errors]画面および[General]画面に表示されます。各ログエントリの[Module]フィールドにはログメッセージをトリガーしたOutSystemsのネイティブプラグインが、[Stack]フィールドにはログメッセージのトリガーに至るまでに使用されたすべてのネイティブコンポーネントのスタックトレースが表示されます。

ネイティブアプリシェルのログには、以下のデバイス情報が含まれます。

DeviceModel
Android/iOSデバイスのモデル(SM-G950など)
OperatingSystem
ネイティブプラットフォームのバージョン(Android 5.1.1など)
Cordova
アプリ構築に使用したCordovaのバージョン(6.5.0など)
DeviceUUID
デバイスのユニバーサル固有識別子(7abcde123abcdなど)
NetworkType
ネットワーク接続の種類(3GWi-Fi不明など)
NativeShell
アプリケーション生成に使用した基本バージョン(2.3.1など)
NetworkStatus
ネットワーク接続の状態(オンラインオフラインなど)

OutSystems Services

[Monitoring]領域の[Environment Health]セクションでは、以下のOutSystemsサービスの状態を参照できます。

デプロイメントコントローラサービス
デプロイメントコントローラサービスは、アプリケーションモジュールのデプロイのコンパイルと調整を行います。各環境のいずれかのフロントエンドサーバーで、このサービスのインスタンスが1つだけ実行されている必要があります。このサービスはWindowsサービスです。
スケジューラサービス
スケジューラサービスは非同期プロセスをトリガーします。タイマー実行、メール送信、プロセス実行が必要かどうかを定期的に確認し、それらの実行をトリガーします。タイマーを実行するアプリケーションがある場合、アプリケーションがパブリッシュされているいずれかのフロントエンドサーバーで、スケジューラサービスが1つ以上実行されている必要があります。このサービスはWindowsサービスです。
デプロイサービス
デプロイサービスは、パブリッシュされたアプリケーションモジュールが環境のフロントエンドサーバーにデプロイされるようにします。このサービスはすべてのフロントエンドサーバーで実行されている必要があります。フロントエンドサーバーでこのサービスをオフにすると、そのフロントエンドサーバーでモジュールのパブリッシュや削除を行うことができません。このサービスはWindowsサービスです。
Server.API
Server.APIはプラットフォームの機能の一部をREST APIで公開します。Server.APIは、Service Centerがパブリッシュされているすべてのフロントエンドサーバーで実行されている必要があります。このサービスはIIS(Internet Information Services)によって管理され、独自のアプリケーションプール内で実行されます。
Server.Identity
Server.Identityは、Server.APIによって公開されたAPIのユーザー認証とアクセス制御を行います。Server.Identityは、Server.APIもあるすべてのフロントエンドで実行されている必要があります。このサービスはIISによって管理され、独自のアプリケーションプール内で実行されます。