Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

OutSystems

ITチームを作成する

チームを使用すると、複数のアプリケーションについて多数のITユーザーが持つ権限を管理できます。そのため、新しい社員が入社した場合、インフラマネージャーは新しいユーザーを作成してチームに追加するだけで処理を完了できます。

チームを作成する

この例では、Customer PortalチームはCustomer Portalアプリケーションとそのすべての依存関係(CasesおよびCRM Servicesアプリケーション)を管理しています。OutSystemsでこのチームを作成するには、LifeTimeの[Users & Roles]タブを選択し、[Teams]をクリックして__New Team__を選択します。

チームにアプリケーションを追加する

Add Application]をクリックし、このチームのユーザーにアクセスを許可するアプリケーションを選択します(Customer Portal、Cases、およびCRM Services)。表示されるのは、まだどのチームに追加されていないアプリケーションのみです。これは、アプリケーションが1つのチームにのみ追加可能であるためです。

ITユーザーをチームに追加する

Add User]をクリックし、チームに含めるITユーザーを選択します。ロールを使用して権限を割り当てられるため、各ユーザーにはチームが管理するアプリケーションにおけるロールを割り当てます。

この例では、リリースマネージャーのAndrea FleetにRelease Manager ロールを設定します。これで3つのアプリケーションすべてをQuality Assuranceにデプロイする権限を付与できました。

アプリケーションの開発者であるAbe、Cheryl、Christinaには、Developerロールを割り当てます。

ITユーザーをチームから削除する

CherylがCustomer Portalチームを離れVacationsチームに参加する場合、彼女をCustomer Portalチームから削除しVacationsチームへ追加します。

これでCherylはCustomer Portal、Cases、およびCRM Servicesにアクセスできなくなりました。

  • Was this article helpful?