Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

OutSystems

バージョンをタグ付けする

アプリケーションの開発状態のスナップショットを取得し、バージョン番号を関連づけることを、LifeTimeでは「アプリケーションバージョンをタグ付けする」と表現します。アプリケーションをデプロイする場合、タグ付けされたバージョンを選択すると、LifeTimeがタグ付けした時点と同じ開発状態のアプリケーションをデプロイできます。

アプリケーションへのタグ付けは、主に開発のマイルストーンに達した場合に行います。

  1. アプリケーションにタグを付けます。
  2. 開発を継続します。
  3. タグ付けされているアプリケーションのバージョンを、テストのため別の環境にデプロイします。

モバイルアプリにタグを付ける場合は、モバイルパッケージにタグを付けることができる[Mobile Versions]という追加のセクションがあります。ただし、プラットフォームが新しいパッケージを生成せず自動的にアプリを更新するため、この操作は頻繁には使用しません。一部の更新シナリオでは、新しいパッケージをタグ付けして生成する必要があります。

以下に、アプリケーションへのタグ付けの例を示します。

Webアプリケーションとモバイルアプリケーションにタグを付ける

この例では、Development環境に2つのアプリケーションがあります。

  • モバイルアプリ(MyApp)
  • Webアプリケーション(MyWebApp)

これらは開発のマイルストーンに達しており、タグ付けする必要があります。

プラス(+)記号は、最後のタグ付け以降にアプリケーションが変更されていることを意味します。

##モバイルアプリにタグを付ける

モバイルアプリにタグを付けるには、以下の手順を実行します。

  1. MyApp]をクリックして、詳細を表示します。

  2. TAG VERSION]をクリックし、バージョンを「0.2」に設定して説明を入力します。[Mobile Versions]セクションには、プラス(+)記号がありません。これは、アプリを変更する際に新しいモバイルパッケージを生成する必要がないためです。そのためパッケージにタグ付けする必要はありません。

  3. TAG VERSION]をクリックして終了します。

Webアプリケーションにタグを付ける

Webアプリケーションにタグを付けるには、以下を実行します。

  1. MyWebApp]をクリックして、その詳細を表示します。

  2. TAG VERSION]をクリックします。アプリケーションのバージョンを「0.3」に設定し、説明を入力します。

  3. TAG VERSION]をクリックして終了します。

アプリケーションにタグが付けられ、いつでもQualityにデプロイできる状態になります。

  • Was this article helpful?