Skip to main content

 

アプリケーションライフサイクルを管理する

 

OutSystems

デプロイゾーンを使用するようにアプリケーションやモジュールを構成する

新しいデプロイゾーンを作成し、フロントエンドサーバーを1台または複数台関連付けると、このデプロイゾーンにアプリケーションまたはモジュールをデプロイするように構成できます。

デプロイゾーンをコンテナベースのホスティングテクノロジーで構成する場合、アプリケーション全体に対してのみデプロイゾーンを構成できます。個別のモジュールに対してはデプロイゾーンを構成できないことにご注意ください。これはコンテナのデプロイユニットがアプリケーションであるためです。

アプリケーションを構成する

特定のデプロイゾーンを使用するようにアプリケーションを構成するには、以下の手順を実行します。

  1. OutSystems環境のService Center管理コンソールに移動します。
  2. [Factory]セクションに移動して、[Applications]タブを選択します。
  3. 新しいデプロイゾーンにデプロイするアプリケーションの名前をクリックします。
  4. [Operation]タブの[Deployment Zone]フィールドで目的のゾーンを選択します。
  5. [Save]ボタンをクリックします。

新しいデプロイゾーンを「Classic Virtual Machines」ホスティングテクノロジーで構成する場合、この変更を適用すると、モジュールはデプロイゾーンに含まれるフロントエンドサーバーに自動的にデプロイされ、デプロイゾーンに属していないフロントエンドサーバーからはすべて削除されます。

新しいデプロイゾーンがコンテナベースのホスティングテクノロジーで構成されている場合は、アプリケーションを再パブリッシュして変更を反映させる必要があります。

モジュールを構成する

特定のデプロイゾーンを使用するようモジュールを構成するには、以下の手順を実行します。

  1. OutSystems環境のService Center管理コンソールに移動します。
  2. [Factory]セクションに移動して、[eSpaces]タブを選択します。
  3. 新しいデプロイゾーンにデプロイするモジュールの名前をクリックします。
  4. [Operation]タブの[Deployment Zone]フィールドで目的のゾーンを選択します。
  5. [Apply]ボタンをクリックします。

この変更を適用すると、モジュールはデプロイゾーンに含まれるフロントエンドサーバーに自動的にデプロイされ、デプロイゾーンに属していないフロントエンドサーバーからはすべて削除されます。

  • Was this article helpful?