Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

OutSystems

デプロイゾーンを使用した選択的デプロイ

OutSystemsのオンプレミスインストールでのみ利用可能です。

デプロイゾーンを使用すると、ファーム環境のフロントエンドサーバーによるモジュールまたはeSpaceの配布を定義できます。

デプロイゾーンを使用するのは、目的の異なるサーバーがあって(たとえば、一部のサーバーをDMZネットワークに配置する場合)、モジュールまたはアプリケーション全体をデプロイするサーバーを選択したい場合です。

デプロイゾーンを使用すると、特定のデプロイゾーン用に構成されたサーバーにのみデプロイすることで、モジュールの分離が実現します。あるモジュール用に定義されたデプロイゾーンが変更された場合、またはモジュールが別のデプロイゾーンに変更された場合、そのモジュールは新しいデプロイゾーンに設定されているサーバーにデプロイされ、そのデプロイゾーンに属していないサーバーからは削除されます。

各デプロイゾーンにはサーバーが1台または複数台存在します。サーバーは、同時に複数のゾーンに属することができます。ただし、アプリケーション(またはアプリケーションモジュール)を関連付けることができるデプロイゾーンは1つのみです。こうした構成は、すべてサービスセンターで定義します。

デプロイゾーンは、[Includes all Servers]構成オプションをアクティベートすることによって、環境内の利用可能なすべてのフロントエンドサーバーが自動的に含まれるように設定できます。これにより、フロントエンドサーバーを環境に新たに追加するたびに、デプロイゾーンに新しいサーバーを追加する手作業を省略できます。

デプロイゾーンをコンテナベースのホスティングテクノロジーで構成する場合、アプリケーション全体に対してのみデプロイゾーンを構成できます。個別のモジュールに対してはデプロイゾーンを構成できません。これはコンテナのデプロイユニットがアプリケーションであるためです。

また、アプリケーションのデプロイゾーンを、コンテナベースのホスティングテクノロジーを使用するデプロイゾーンに変更する場合は、アプリケーションを再パブリッシュして変更を反映させる必要があります。

デフォルトのデプロイゾーン

デフォルトのデプロイゾーンを構成することで、新しいモジュールやアプリケーションのデプロイ先を制御できます。OutSystemsでは、最初のインストール時に「Global」という名前のデプロイゾーンが作成され、デフォルトのデプロイゾーンに設定されます。

原則として、新しいアプリケーションを作成して初めてパブリッシュする場合、そのモジュールはデフォルトのデプロイゾーンにデプロイされます。モジュールやアプリケーションを初めてパブリッシュした後は、他のデプロイゾーンをデプロイ対象に選択できます。

この原則には例外が1つあります。アプリケーションのすべてのモジュールが同じデプロイゾーンに構成されている場合、Development環境によって、またはソリューションファイルに新しいアプリケーションモジュール(その環境にデプロイされたことのないアプリケーションモジュール)を追加することによって、モジュールを新規作成すると、そのアプリケーションの他のモジュールとして、同じデプロイゾーンに自動的に関連付けられます。

ホスティングテクノロジーが「Classic Virtual Machines」である場合に限り、他のデプロイゾーンをデフォルトゾーンにすることが可能です。

以下の例では、3つのゾーンを定義しています。

  • [Internal Apps]デプロイゾーンには2台のサーバーが関連付けられています(Server 1とServer 2)。
  • [B2E]デプロイゾーンには1台のサーバーが関連付けられています(Server 2)。
  • [Public]デプロイゾーンには1台のサーバーが関連付けられています(Server 3)。

次に、3つのモジュールを構成して、特定のデプロイゾーンに関連付けます。

  • Module1は[Internal Apps]デプロイゾーンに関連付けられています。
  • Module2は[B2E]デプロイゾーンに関連付けられています。
  • Module3は[Public]デプロイゾーンに関連付けられています。

モジュールは、以下の図のとおり3台のサーバーにデプロイされることになります。

デプロイゾーンは、次の2種類のデプロイのうちの1つを実行するよう構成できます。標準的なIIS(Internet Information Services)Webサーバーへのデプロイ(「Classic Virtual Machines」という名前のホスティングテクノロジー)、または別のホスティングテクノロジーをサポートするコンテナベースのインフラへのデプロイ。

ユースケースの例

以下の例では、社内ユーザーを対象にしたサーバー(「社内サーバー」)1台と、一般ユーザーを対象にしたサーバー(「一般向けサーバー」)1台(または複数台)で構成される環境を使用します。

明示的にセグメント化されたサーバー

環境内に2台のサーバーが構成されており、デフォルトのデプロイゾーンには社内サーバーが1台のみ含まれるシナリオを考えてみます。

  • インターネット接続している外部ユーザーがアクセスする_一般向け専用_Webアプリケーションを提供する、DMZネットワーク上のサーバー1台。
  • 社内ユーザーがアクセスする_社内専用_Webアプリケーションを提供する、社内サーバー1台。

社内ユーザーのみが利用可能なWebアプリケーションと、外部ユーザーのみが利用可能な他のWebアプリケーションをデプロイします。デフォルトでは、Webアプリケーションはデフォルトのデプロイゾーンにデプロイされます。その場合、イントラネットネットワークにある社内サーバーでのみ利用可能になります。

Webアプリケーションの構成を変更して一般向けサーバーのみにデプロイするには、以下の手順を実行します。

  • 一般向けサーバーのみを含む新しいデプロイゾーン([Public]など)を作成します。
  • 新しいデプロイゾーンを使用するようにWebアプリケーションを構成します。

この手順を実行すると、先ほど構成したアプリケーションが一般向けサーバーのみにデプロイされ、以前に構成されたデプロイゾーンに属する他のサーバーからは削除されます。インターネットユーザーは、サーバーの公開アドレスを使用してアプリケーションにアクセスします。

後の段階で、このWebアプリケーションに新しいモジュールを追加する際、すべてのアプリケーションモジュールがこのデプロイゾーンに関連付けられている場合に限り、同じデプロイゾーン([Public])にデプロイされます。

社内Webアプリケーション

環境内に2台のサーバーが構成されており、2台ともデフォルトのデプロイゾーンに含まれるシナリオを考えてみます。

  • インターネット接続している外部ユーザーがアクセスする、DMZネットワーク上のサーバー1台。
  • 社内ユーザーがアクセスする、社内サーバー1台。

Webアプリケーションをデプロイして、社内のユーザーのみが使用できるようにします。デフォルトでは、Webアプリケーションはデフォルトのデプロイゾーンにデプロイされます。その場合、社内サーバーとDMZネットワークにある一般向けサーバーの両方で利用可能になります。

Webアプリケーションの構成を変更して社内サーバーのみにデプロイするには、以下の手順を実行します。

  • 社内サーバーのみを含む新しいデプロイゾーン([Intranet]など)を作成します。
  • 新しいデプロイゾーンを使用するようにWebアプリケーションを構成します。

この手順を実行すると、先ほど構成したアプリケーションが社内サーバーにのみデプロイされ、以前に構成されたデプロイゾーンに属する他のサーバーからは削除されます。社内ユーザーは、サーバーの内部アドレスを使用してアプリケーションにアクセスします。

後の段階で、このWebアプリケーションに新しいモジュールを追加する際、すべてのアプリケーションモジュールがこのデプロイゾーンに関連付けられている場合に限り、同じデプロイゾーン([Intranet])にデプロイされます。

パブリックWebアプリケーションの負荷分散

2台の公開サーバーがインターネットからアクセス可能で、すべてのサーバーがデフォルトのデプロイゾーンに属するシナリオを考えてみます。公開アクセスが可能なWebアプリケーションをデプロイし、2台の公開サーバー間で負荷を分散します。負荷を2台に分散するには、サードパーティ製コンポーネントであるロードバランサを設定する必要があります。

2台の一般向けサーバーにWebアプリケーションを正しくデプロイして負荷を分散するには、以下の手順を実行します。

  • Webアプリケーションへのリクエストを処理する一般向けサーバー2台を含むデプロイゾーン([Public]など)を設定します。
  • 新しいデプロイゾーンを使用するようにWebアプリケーションを構成します。
  • デプロイゾーンで構成した一般向けサーバーの1台のアプリケーションモジュールのURLに、リクエストをルーティングするロードバランサを設定します。

これらの構成を行うと、Webアプリケーションが2台の一般向けサーバーにデプロイされます。ユーザーは、[Public]デプロイゾーンの構成済みサーバーにリクエストを引き渡すロードバランサのアドレスを使用してモジュールにアクセスします。

制限事項

モジュールを別のデプロイゾーンにデプロイする場合は、以下の制限を考慮してください。

  • システムコンポーネントはデフォルトのデプロイゾーンにデプロイされます。Service CenterおよびLifeTimeへのアクセスを制限するには、社内ネットワーク構成を使用します(Service Centerの[Administration > Security > Network Security]で利用可能)。

  • モジュールのタイマーとメールは、モジュールがデプロイされたデプロイゾーンのサーバーでのみ使用できます。

  • 別のデプロイゾーンのモジュールに属するアクティビティ用に、BPT関連のシステムアクション(ActivityClose、ActivityGetUrlなど)を呼び出すことはできません。

  • 特定のモジュールに属する画像、CSSファイル、およびモジュールリソースファイルは、まったく同じサーバーにデプロイされているモジュール以外からはアクセスできません。

このセクションの記事