Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

OutSystems

アプリケーションをリファクタリングする

このトピックでは、一部のモジュールを新しいアプリケーションに移動してアプリケーションをリファクタリングすることにより、元のビジネスロジックを2つのアプリケーションに分割する方法について説明します。

この例では、PayPalと連携しているモジュールをeCommerceアプリケーションと分離して自律的にし、他のアプリケーションでも広く使用できるようにします。これにより、PayPal拡張機能およびPayPalGatewayモジュールを新規アプリケーションに移行して、他のアプリケーションにPayPalサービスを提供することができます。

ビジネスロジックをリファクタリングする

Service CenterでeCommerceアプリケーションの詳細を開き、すでに2つのモジュールに分離されているPayPal連携の実装を探します(PaypalGatewayおよびPayPal(拡張機能))。

アプリケーションの設計方法によってリファクタリングの方法は異なりますが、通常は以下の手順から始めます。

  1. 他のアプリケーションで使用するビジネスロジックを特定します。
  2. アプリケーションに新しいモジュールを作成し、ビジネスロジックをそのモジュールに移動します。
  3. 元のモジュールのロジックを変更し、新しいモジュールに分離されたロジックを参照するようにします。
  4. これでビジネスロジックが1つのモジュールとして切り離されました。
  5. リファクタリングの必要がある他のビジネスロジックに対し、この手順を繰り返します。

上記の手順では、Service CenterとTrueChange機能によるリアルタイム分析とプロセスのガイドを利用しながら、リファクタリングを進めることができます。

新規アプリケーションを作成する

ビジネスロジックを新しいモジュールに切り離し、他の部分と分離すると、こうした新しいモジュールを新規アプリケーションへ移動して自律的な開発サイクルを実現することができます。

新規アプリケーションを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. Service Studioを開き、開発環境にログインします。
  2. New Application]ボタンをクリックします。
  3. アプリケーション名を「PayPal Services」に変更して保存します。

モジュールを新規アプリケーションへ移動する

[Applications]画面に戻り、eCommerceアプリケーションを開いて、すべてのモジュールを再度リスト表示します。

PayPalGatewayの上にマウスを置いて[▼]ボタンをクリックします。[Move to Another Application]オプションをクリックし、PayPal Servicesアプリケーションを移動先アプリケーションに選択します。

同じ手順に従い、PayPal拡張機能をPayPal Servicesアプリケーションに移動します。

Quality Assuranceにデプロイする

すべてのPayPalモジュールをPayPal Servicesアプリケーションに分離しました。次は、インフラ内の他の環境にPayPal Servicesアプリケーションをデプロイして、このリファクタリングを反映させます。たとえば、Quality Assuranceに反映させるには以下の手順を実行します。

  1. DevelopmentとQuality Assuranceの間にある[Deploy...]ボタンをクリックします。
  2. PayPal Servicesアプリケーションへ移動し、[Do Nothing]の上にカーソルを置き、提案されたDeploy 0.1。次に[Validate Now]をタップします。
  3. LifeTimeが影響分析を実行し、デプロイ計画に問題がないことを確認します。
  4. Continue]ボタンをクリックして、デプロイ計画を確認して実行します。LifeTimeが自動的にターゲット環境のeCommerceアプリケーションを同期し、PayPalGatewayモジュールとPayPal拡張機能を削除します。

デプロイの完了後、Quality Assurance環境でリファクタリングが行われます。

  • Was this article helpful?