Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

 

OutSystems

早期アクセス - デプロイ時に外部データベースからエンティティを構成する

OutSystems機能への早期アクセスの仕組みをご覧ください。これらの機能をお試しのうえ、フィードバックがありましたら、ぜひお寄せください。

この早期アクセス機能は、ターゲット環境のアプリケーション設定を追加するための新しい手順をデプロイ計画中に追加します。この機能を無効にすると、アプリケーションをターゲット環境と異なる設定でデプロイする必要がある場合、Service Centerコンソールを使用してデプロイ後にターゲット環境で設定を更新する必要があります。

この機能を使用するには、以下を確認してください。

  • インフラでLifeTime Release Jul.2019以降を使用していること。
  • デプロイ時に外部データベースからエンティティを構成する機能がLifeTimeで有効になっていること。
  • ソース環境とターゲット環境の両方でPlatform Server 11 Release Jul.2019 CP1以降を使用していること。
  • デプロイするアプリケーションに対するChange & Deploy Applications(アプリケーションの変更とデプロイ)権限があること。
  • Platform Server 11 Release Jul.2019 CP1以降が実行されている環境への接続中に外部データベースと連携する拡張機能が作成されていること。
    これが作成されていない場合は、Platform Server 11 Release Jul.2019 CP1以降が実行されている環境への接続中にIntegration Studioで拡張機能を再パブリッシュしてください。

デプロイ時に外部データベースからエンティティを構成する早期アクセス機能を有効にすると、LifeTimeでアプリケーションをデプロイするとき、新しいデプロイ計画ウィザードを使用します。このウィザードには4つの手順が含まれます。

  1. デプロイするアプリケーションを追加する
  2. アプリケーション設定を構成する
  3. デプロイ計画を確認する
  4. デプロイ計画を実行する

他の手順はすでにおなじみのものですが、アプリケーション設定の構成手順で、デプロイされるアプリケーションのターゲット環境の設定を構成することができるようになります。構成する必要がある新しい設定がある場合、デプロイ計画ウィザードにこの手順が含まれます。

アプリケーション設定の構成手順は、省略される無効になる場合があります。

  • 構成する新しい設定がない場合、この手順は省略されます。ただし、既存の設定を変更する必要がある場合、ウィザードでこの手順をクリックして、手動でそのアプリケーション設定の構成に戻ることができます。

  • 構成する設定がない、またはデプロイを実行するユーザーに必要な権限がない場合、この手順は無効になります。

外部データベースとの連携をデプロイする

外部データベースへの接続を含むアプリケーションをOutSystems環境(この場合はDevelopment環境)から次の環境(この場合はQuality環境)にデプロイするには、このガイドの手順に従います。

Development環境で外部データベースとの連携を作成した後、各環境でアプリケーションを他の外部データベースに接続する必要がある場合、このガイドを使用します。

このガイドの手順を開始する前に、すべての要件を満たしていることを確認してください。

満たしていない場合は、外部SQL Serverデータベースとの連携をデプロイする方法に関するガイドをご覧ください。

Quality環境でデータベース接続を定義する

Quality環境で、データベース接続を定義します。

  1. QA環境Service Center管理コンソールを開きます。

  2. Administration]タブで、[Database Connections]を選択します。

  3. New Database Connection]をクリックし、フィールドに入力して外部データベースへの接続を設定します。

  4. Test]をクリックし、接続が正常に機能しているかを確認します。

    データベースユーザーには以下の権限が必要です。

    • 必要な外部データベース内のテーブルとビューを表示する権限
    • それらのテーブルとビューに対して、Create、Read、Update、Delete操作の実行する権限
  5. Create]をクリックして、データベース接続を作成します。

アプリケーションをQuality環境にデプロイする

アプリケーションをQA環境にデプロイするには、以下の手順を実行します。

  1. インフラのLifeTimeを開きます。

    ヒント: [Manage all environments]をクリックし、Service Centerから直接LifeTimeを開きます。

  2. Applications]タブを選択し、Development環境とQuality環境の間にある[DEPLOY...]ボタンを選択します。

  3. Add Applications]を選択し、[Choose one or more Applications]ダイアログでアプリケーションを選択して、[Add to Deployment Plan]を選択します。

  4. Development環境とQuality環境の間にある[VALIDATE NOW]ボタンを選択します。

  5. Development環境とQuality環境の間にある[CONTINUE]ボタンを選択します。

  6. デプロイ計画を確認して[Deploy Now]を選択し、[Deploy applications as planned]ダイアログで[Deploy Now]を選択して、デプロイを開始します。

  7. アプリケーション設定の構成手順で、各外部データベースエンティティの3つの部分から成る物理テーブル名を入力します。ターゲット環境の正しい物理テーブル名を入力するようにしてください。

    両方の環境のアプリケーションが同じ外部データベース/スキーマに接続する場合は、[Copy from Source]を選択してソース環境の物理テーブル名をコピーします。

  8. デプロイが停止した後、警告バナーの[configuration or confirmation]リンクをクリックしてService Centerを開き、拡張機能のデータベース名をデータベース接続にマッピングします。

  9. 拡張機能の論理データベース名を、以前作成したデータベース接続に関連付けます。

デプロイが完了した後、Quality環境の他のアプリケーションで拡張機能が使用可能になります。

  • Was this article helpful?