Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

OutSystems

短いデプロイ時間枠でデプロイする

アプリケーションを1段階でデプロイする場合、LifeTimeは以下の処理を行います。

  1. アプリケーションコードをコンパイルしてデプロイします。
  2. SQLスクリプトを生成し、それを実行してデータベースを更新します。
  3. アプリケーションサーバーで実行されているアプリケーションのバージョンを変更します。

デプロイのための時間枠が短い場合、1段階でデプロイすることが難しい場合があります。これではビジネスに支障をきたしてしまいます。こうした事態に対処するために、LifeTimeではデプロイを以下の2段階に分割することができます。

  1. 第1段階は影響の出ない準備段階です。

    1. アプリケーションをコンパイルします。
    2. SQLスクリプトを生成します。
    3. バイナリがターゲット環境にアップロードされますが、実行中のバージョンは変更されません。
  2. 第2段階では変更が有効になります。

    1. データベースを更新するためにSQLスクリプトが実行されます。
    2. 実行中のアプリケーションのバージョンが、アプリケーションサーバー内の新しいバージョンへと変更されます。

以下は、実行方法の例です。

MyBigWebAppを2段階でデプロイし、ビジネスへの影響を避ける

この例では、新しいバージョンのMyBigWebAppをProductionにデプロイする必要があります。しかしサイズが大きいため時間がかかります。ビジネスへの影響を避けるため、デプロイ時間枠は午前2時から午前3時となっています。この場合、2段階でデプロイする必要があります。

2段階デプロイを有効にする

2段階デプロイを有効にするには、インフラの管理ロールを持つユーザーでログインします。次に[Infrastructure]オプションをクリックし、[Manage Environments]リンクをクリックします。

Production環境の[Edit]をクリックし、[Execute deployments in two stages]オプションにチェックを入れます。

Save]をクリックすると、Productionで2段階デプロイが有効になります。

OutSystems PaaSの場合__: 2段階デプロイは、環境管理コンソールであるService Centerで管理されます。[Administration]タブで[Environment Configuration]を選択し、[Enable 2-Stage Deploy]オプションにチェックを入れます。

デプロイの第1段階を実行する

2段階デプロイを有効にすると、Productionへのアプリケーションのデプロイを、ビジネスに影響を与えず安全に開始できます。

デプロイ計画で、[Prepare Deployment]をクリックします。アプリケーションがコンパイルされてSQLスクリプトが生成され、バイナリがターゲット環境にアップロードされます。

デプロイの第2段階を実行する

計画に従い、午前2時にデプロイの第2段階を安全に開始することができます。[Prepared]をクリックします。

デプロイ計画で、[Continue Deployment]をクリックします。SQLスクリプトが実行され、実行中のアプリケーションが新しいバージョンに変更されます。

  • Was this article helpful?