Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

OutSystems

アプリケーションをコンテナにデプロイする

コンテナはテクニカルプレビューです。

LifeTimeを使用して初めてターゲット環境にアプリケーションをデプロイする場合は、アプリケーションのデプロイゾーンを指定します。これにより、最初からアプリケーションに対して目的のデプロイゾーン(コンテナのデプロイゾーン)を定義できるため、まずデフォルトのデプロイゾーンにアプリケーションをデプロイしてから別のデプロイゾーンに移す必要がありません。

このオプションが利用できるのは、ターゲット環境で複数のデプロイゾーンが構成され、アプリケーションがターゲット環境に初めてデプロイされている場合のみです。

LifeTimeでアプリケーションのデプロイゾーンを定義するには、以下の手順を実行します。

  1. LifeTimeで通常の手順に従い、[Deploy Now]ボタンを含む最後のデプロイ画面が表示されるまで、ターゲット環境にアプリケーションをデプロイします。
    以下の手順を実行します。
    a) ソース環境とターゲット環境の間の[Deploy...]ボタンをクリックします。
    b) デプロイするアプリケーションを選択します。
    c) デプロイを検証します。
    d) [Continue]をクリックします。

  2. 最後のデプロイ画面([Deploy Now]ボタンが表示される画面)で、目的のアプリケーションの[Change Deployment Settings]リンクをクリックしてデプロイゾーンを変更します。

  3. ポップアップウィンドウで目的のデプロイゾーンを選択します。

  4. [Deploy Now]ボタンをクリックします。

デプロイを完了するために、第2段階以後、Service Centerを使用して、アプリケーションをコンテナにパブリッシュするに記載された同じ手順に従い、LifeTimeのデプロイ進捗画面に表示されたアクティビティログのメッセージにご注意ください。

コンテナにデプロイされたアプリケーションを識別する

コンテナのデプロイゾーンにデプロイされたアプリケーションには、以下の例のように、LifeTimeのバージョン情報の近くにContainerバッジが表示されます。

  • Was this article helpful?