Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

OutSystems

アプリケーションをデプロイする

LifeTimeでタグが付いたバージョンのアプリケーションをデプロイするには、ある環境からアプリケーションのバージョンを取得して、別の環境にデプロイします。タグが付いたバージョンのアプリケーションを選択すると、LifeTimeはタグ付けを行った時点と同じ開発状態でデプロイします。

以下は、LifeTimeでアプリケーションをデプロイする場合の例です。

Webアプリケーションとモバイルアプリケーションをデプロイする

この例では、以下の2つのアプリケーションをDevelopment環境で開発中です。

  • モバイルアプリ(MyApp)
  • Webアプリケーション(MyWebApp)

マイルストーンに到達し、アプリケーションをQualityでテストする準備ができました。アプリケーションは以下のようにタグ付けされています。

  • モバイルアプリはバージョン0.2にタグ付け
  • Webアプリケーションはバージョン0.3にタグ付け

両方のアプリケーションをQualityにデプロイするには、以下の手順を実行します。

  1. DevelopmentとQualityの間にある[Deploy...]ボタンをクリックします。

  2. Add Applicationsを選択して、デプロイするアプリケーションを選択します。Add All Applicationsから、デプロイ計画にすべてのアプリケーションを追加することもできます

  3. 前の手順でAdd Applicationsを選択した場合は、デプロイするアプリケーションを検索します。アプリケーションの差異でフィルタリングしたり、アプリケーション名で検索したりすることができます。

  4. デプロイするアプリケーションを選択し、[Add to Deployment Plan]ボタンをクリックします。

  5. デプロイオプションで、MyAppの[DEPLOY 0.2]、MyWebAppの[DDEPLOY 0.3]を選択します。

  6. VALIDATE NOW]をクリックして、Qualityでのデプロイを検証します。

  7. デプロイに問題はありません(いずれも緑色)。[CONTINUE]をクリックして次に進みます。

  8. Deployment Notesを入力し、[Deploy Now]ボタンをクリックしてデプロイを実行します。

デプロイが完了すると、どちらのアプリケーションも両方の環境でタグのバージョンが同じになります。

デプロイするモバイルアプリがすでにモバイルアプリパッケージを生成する構成になっている場合、アプリケーションに変更を加えると新しいアプリケーションパッケージが生成される場合があります。アプリケーションのアイコンやメインカラーの変更などがこれにあたります。ユーザーが新しいアプリケーションパッケージをインストールする必要があるすべての状況については、こちらをご覧ください

  • Was this article helpful?