Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

OutSystems

デプロイ後にアプリケーション設定を構成する

アプリケーションを別の環境にデプロイする場合、デプロイ先の環境に合わせてアプリケーション設定を変更する必要が発生しがちです。

たとえば、開発中のアプリケーションを本番データの処理をしないシステムと連携させる場合がこれにあたります。アプリをProductionにデプロイする場合、本番データを保存するシステムと連携させる必要があります。

OutSystemsでは、アプリケーションモジュールを環境にデプロイする際に、以下を構成することが可能です。

  • 利用するREST APIのURL、およびSOAP Webサービス
  • 外部データベースおよびSAPシステムとの接続
  • モジュールパラメータの値
  • その他

こうした構成は、環境管理コンソールで行います。アプリを再パブリッシュする必要はなく、エンドユーザー側のダウンタイムもありません。

例 - Executive Dashboardアプリを構成する

この例は、DevelopmentからQuality AssuranceにExecutive Dashboardアプリケーションのデプロイを行った直後です。開発チームはExecutive Dashboardアプリを変更し、REST API経由でExpensesアプリと連携するようにしました。

開発中は、サービスを開発データに接続していました。Executive Dashboardアプリのデプロイ後は、本番データのコピーがあるExpensesバージョンと連携する設定にする必要があります。

インフラ管理コンソール(LifeTime)でExecutive Dashboardアプリを探し、その詳細へ移動します。

アプリケーション詳細画面で[Quality Assurance]をクリックします。メニューで[Configure application]を選択し、Quality Assurance環境で実行されるExpensesアプリをカスタマイズします。

次に、Quality Assurance環境管理コンソールで、構成したいモジュールをクリックします。この例ではExecDashboardモジュールを構成します。

モジュールの設定は、複数のタブに分類されています。

  • Integrations - モジュールと連携させる外部システムへの接続を構成します。
  • Tenants - モジュールがマルチテナント機能をサポートしている場合、ここでテナントを管理します。
  • Site Properties - モジュールで使用するパラメータの値を設定します。
  • Timers - モジュールで定義したバッチタスクのスケジュールを設定します。
  • Operation - ロギングや監査など、その他のランタイム設定を構成します。

[Integrations]タブをクリックしてExecDashboardモジュールの連携を表示し、構成します。この例では、以下の2つの連携があります。

  • GetEmployees - 以前のバージョンでモジュールに追加したものであり、すでに構成済み。
  • GetExpenses - 今まで存在していない。このバージョンをQuality Assuranceにデプロイした時点では、このプラットフォームは開発時に構成されたURLを使用中。

GetExpensesの連携先をシステム本番に似たデータにするには、[GetExpenses]をクリックして、[Effective URL]フィールドに使用するURLを設定します。

[Effective URL]を設定すると、開発時に定義したURLが上書きされます。開発者がアプリケーション内のURLを変更しても、プラットフォームは[Effective URL]を使用します。

Executive DashboardアプリのGetExpenses連携に新しいURLの使用を開始するには、[Apply]ボタンをクリックします。

  • Was this article helpful?