Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

 

OutSystems

アプリケーションライフサイクルを管理する

アプリケーションライフサイクル管理(ALM)は、アプリケーションの開発から保守までのライフサイクル全体を管理する継続的なプロセスです。

LifeTimeは、インフラ内のすべての環境を確認できる統合コンソールです。すべての環境においてアプリケーション、ITユーザー、およびセキュリティのデプロイを管理します。

LifeTimeを使用することで、以下の領域で開発インフラの管理を強化することができます。

アプリケーションのデプロイと構成
DevelopmentからProductionまですべての環境に自動デプロイプロセスを導入することで、プロセスを簡素化してIT全体の効率を高めることができます。影響分析機能を使用すると、アプリケーションのデプロイがProductionに及ぼす影響を正確に把握できます。OutSystemsでアプリケーションをデプロイする方法をご覧ください。
ホットフィックスの開発とデプロイ
Productionで実行されているバージョンを正確に管理し、それらをQuality Assuranceへ簡単に複製して、確実に欠陥を修正・テストします。ホットフィックスを適用する方法をご覧ください。
ITユーザーとチームを管理する
開発者とオペレータが、各環境で確実に適切な権限を持てるようにします。簡素化されたクロスステージポリシーにより、アプリケーション管理プロセスを確実に迅速、低リスク、かつ効率的なものにできます。ITチームを管理する方法をご覧ください。
セキュリティ
OutSystemsは、セキュリティ要件に対応できるよう、外部認証プロバイダおよびVPNの使用をサポートしています。さらに、総当たり(ブルートフォース)攻撃からの保護やコンテンツセキュリティポリシーの適用などのセキュリティ機能のサポートを、すぐに使用できる形で提供しています。アプリケーションを保護する方法をご覧ください。

LifeTimeでは、インフラ内のすべての環境を確認できます。特定の環境を構成および監視するには、その環境の管理コンソール(Service Center)を使用します。

LifeTimeと環境の同期を維持するため、LifeTimeは毎日自動的に同期処理を実行します。以下のデータがこの処理の対象に含まれます。

  • ITユーザー、ITロール、ITチーム
  • 権限
  • 環境のステータス
  • アプリケーションおよびモジュールのバージョン情報とそれぞれの構成

このセクションの記事

  • Was this article helpful?