Skip to main content

 

拡張および連携

 

 

OutSystems

高度な拡張機能を使用する

SOAP Webサービスを利用すると、独自の.NETコードを使用して、接続を変更したり、リクエストやレスポンスのメッセージをカスタマイズしたりできます。

高度な拡張シナリオを実装するための一般的なワークフローは以下のとおりです。

1.OutSystemsの拡張機能の設定
Integration Studioで新しい拡張機能を作成し、必要なアクションを定義します。
2..NETコードの実装
拡張機能のソースコードを編集するために、[Edit Source Code .NET]をクリックしてVisual Studio .NETを開きます。
プロジェクトのプロパティを編集して、プロジェクトのターゲットフレームワークを「.NET Framework 4.6.1」に設定します。
必要なアセンブリ参照を追加します。
引き続きVisual Studioで、SOAP Extensibility APIから必要な機能を使用してアクションのロジックを実装します。終了したら、Visual Studioを閉じます。
Integration Studioで、拡張機能をパブリッシュします。
3.拡張機能の使用

Service Studioで、必要なアクションへの依存関係を拡張機能から追加します。
要素ツリーでSOAP Webサービス要素を選択し、OnBeforeRequestプロパティに新しいSOAPコールバックを作成します(これは「OnBeforeRequestAdvanced」という名前になります)。

コールバックフローを開き、ユースケースに応じて目的の拡張機能のアクションをフローにドラッグします。

注記: SOAP Extensibility APIを使用する拡張機能のアクションは、SOAPコールバックフローのコンテキストでのみ使用できます。

SOAP Extensibilityのユースケースの例

OutSystemsは、SOAP Advanced Extensibilityの一般的なユースケースの実装方法に関するガイドラインを提供しています。詳細については、このページのサブトピックをご覧ください。

OutSystemsはSOAP Extensibility SamplesというForgeコンポーネントを提供しています。このコンポーネントには、SOAP Extensibility APIを使用して多数のSOAP拡張ユースケースを実装したサーバーアクションが含まれています。

このコンポーネントで提供されるサーバーアクションは、アプリケーションで直接使用することや、独自の拡張ユースケース実装の開始点として使用することができます。

このセクションの記事

  • Was this article helpful?