Skip to main content

 

拡張および連携

 

OutSystems

Advanced Extensibilityを使用する

SOAP Webサービスを利用すると、独自の.NETコードを使用して、接続を変更したり、リクエストやレスポンスのメッセージをカスタマイズしたりできます。

これには、以下の手順を実行します。

  1. Integration Studioで、.NETコードをService Studioのアクションにマッピングする拡張機能を作成します。
  2. 拡張機能でSOAP Extensibility APIを使用し、接続を変更したり、リクエスト/レスポンスを取得して操作したりします。
  3. Service Studioで、必要なアクションへの参照を拡張機能から追加します。
  4. SOAP Webサービス要素およびOn Before Requestプロパティで、[New OnBeforeRequest (Advanced)]の値を選択します。これにより、SOAP Webサービス要素にOnBeforeRequestAdvancedというアクションが作成されます。
  5. 新しく作成したアクションをダブルクリックして編集します。
  6. 参照された拡張機能のアクションを使用して、.NETコードを使用するSOAPメソッドの呼び出しに対して必要なカスタマイズを行います。

OutSystemsは、SOAP Advanced Extensibilityの一般的なユースケースの実装方法に関するガイドラインを提供しています。

このセクションの記事

  • Was this article helpful?