Skip to main content

 

拡張および連携

 

OutSystems

SOAP Webサービスを利用する

アプリケーションでSOAP Webサービスを利用するには、以下の手順を実行します。

  1. [Logic]タブで、Integrationsフォルダを開きます。

  2. SOAP要素を右クリックし、[Consume SOAP Web Service...]を選択します。

  3. 表示されたダイアログで、Webサービスの定義(WSDL)の場所を指定し、[OK]をクリックします。

    リモートURLを指定する場合、Webブラウザに入力する場合と同じ方法で入力する必要があります。ローカルファイルシステムからWSDLをインポートするには、[Choose a File]をクリックし、WSDLを選択します。

  4. サービスが複数のバインディングをサポートする場合、目的のバインディングを選択し、[Next]をクリックします。それ以外の場合、この手順はスキップします。

  5. サービスが複数のメソッドをサポートする場合、利用するメソッドを選択し、[Finish]をクリックします。それ以外の場合、この手順はスキップします。

すべてのリモートWSDLファイルについて、Service Studioから直接ではなく、Platform Serverを実行しているPCからURLアドレスにアクセスできる必要があることに注意してください。

SOAP Webサービスを利用する場合、OutSystemsは以下の手順を実行します。

  • SOAP Webサービスを作成する。
  • 対応する入出力パラメータを使用して、公開されたWebサービスメソッドを作成する。
  • WSDLで定義された複合型を保持するストラクチャと静的エンティティを作成する。
  • XMLデータ型をOutSystemsデータ型にマッピングする。

OutSystemsでは、WSE(Web Services Enhancements)を直接サポートしていません。代わりに、SOAP Extensibility APIを使用して、Web Services Enhancementsによって提供される機能をアプリケーションに実装できます。

アプリケーションでSOAP Webサービスメソッドを利用する

OutSystemsは、Service Studioで作成したアクションと同じセマンティクスを使用して、SOAP Webサービスが公開しているメソッドをOutSystemsのアクションに変換します。

これで、アプリケーションで新しく作成されたメソッドを、他のサーバーアクションと同様に使用できるようになりました。

  1. Webサービスメソッドを使用するアクションフローに移動します。

  2. [Logic]タブで、IntegrationsフォルダとSOAP要素を開きます。

  3. SOAP Webサービスを開き、Webサービスメソッドをアクションフローにドラッグします。

  • Was this article helpful?