Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

OutSystems

実行時にSAP接続を設定する

SAPと連携するアプリケーションを開発する場合は、デフォルト接続を定義します。ただし、環境ごとにSAPへの特定の接続を設定することが可能です。この場合、デフォルトの接続は上書きされます。これにより、モジュールの変更または再パブリッシュをせずに、アプリケーションが特定の環境において個別のSAPシステムを使用できるようになります。

実行時にある環境のSAP接続を設定には、以下の手順を実行します。

  1. OutSystems環境の管理コンソールに移動します。
  2. [Factory]セクションに移動し、アプリケーションを開きます。
  3. SAP連携を含むモジュールを開きます。
  4. [Integrations]タブを選択し、SAP接続名をクリックして編集します。
  5. 任意のSAPシステムへのSAP接続を設定します。
  6. [Apply]をクリックします。

SAP連携が、先ほど設定したSAP接続を使用し始めます。