Skip to main content

 

拡張と連携

 

 

OutSystems

RESTのエラーを処理する

REST APIメソッドの利用中にサービスがHTTPエラーステータスコード(400以上)を返した場合、OutSystemsは例外をスローします。これにより、独自のロジックを実装してREST APIエラーを処理することができます。

REST APIのエラーを処理するには、以下の手順を実行します。

  1. REST APIメソッドを使用するロジックに例外ハンドラを追加し、Exceptionプロパティを「All Exceptions」に設定して、例外ハンドラがすべての例外をキャッチするようにします。

  2. エンドユーザーにメッセージを表示するなど、エラーを処理するロジックを例外ハンドラフローに実装します。

受信したエラーレスポンスを操作する

OutSystemsが例外をスローする前に、低レベルでRESTのエラーレスポンスを操作する必要がある場合があります。

これを行うにはOnAfterResponseコールバックを使用し、さらに高度なシナリオではOnAfterResponseAdvancedコールバックを使用します。これらのアクションはOutSystemsがRESTのレスポンスを処理する前に実行され、レスポンスのヘッダー、ボディ、ステータスコードを操作することができます。

たとえば、以下を行うことができます。

  • 受信したエラーに基づき特定のユーザー例外をスローする。

  • RESTのエラーレスポンスのステータスコードを200(成功)に変更し、特定の場合にOutSystemsで例外が発生しないようにする。

  • Was this article helpful?