Skip to main content

 

拡張および連携

 

Webアプリケーションが対象
OutSystems

JavaScriptコードを定義して実行する

JavaScript関数を定義する方法

要素のJavaScript関数を追加または編集するには、要素のJavaScriptプロパティで[...]をクリックし、[JavaScript]エディタを開きます。

以下の例は、Web画面用にローカルで定義されたJavaScript関数を示しています。

JavaScriptの実行方法

以下の方法で、JavaScriptコードをWebアプリケーションで実行できます。

  • Web画面またはウィジェットのExtended Propertiesを使用
  • エスケープされていない式内
  • HTTPRequestHandler拡張機能のRunJavaScriptアクションを使用

いずれの場合においても、JavaScriptコードはブラウザのコンテキストで実行されます。

Extended Propertiesの例

以下の例は、ボタンでonclickイベントが発生したときに呼び出されるJavaScript関数を示しています。

Extended Propertiesの値は式であるため、Extended Propertiesの値に直接JavaScriptソースコードを入力することもできます。

エスケープされていない式の例

エスケープされてない式を使用してWeb画面の特定のポイントにJavaScriptを追加し、Escape Contentプロパティを[ No]に設定することができます。

RunJavaScriptアクションの例

アクションフローでは、画面アクションまたはサーバーアクションのいずれかで、HTTPRequestHandler拡張機能のRunJavaScriptアクションを使用すると、ブラウザのコンテキストでJavaScriptコードを実行させることができます。

  • Was this article helpful?