Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

 

OutSystems

外部データベースと連携する

OutSystemsは既存のデータベースと連携できます。これにより、データ移行の心配をすることなく、Service StudioのOutSystemsエンティティを使用して、外部データベースのデータにアクセスするアプリケーションを開発できます。サポートされている外部データベースエンジンのリストについては、「システム要件」をご覧ください。

外部SQL ServerまたはAzure SQLデータベースとの連携の開発が終了し、アプリケーションを別の環境(QA環境など)にデプロイする場合は、こちらの手順をご覧ください。

外部データベースとの連携を作成するには、以下の一般的な手順を実行します。

  1. Service Centerで、外部データベースへの接続を定義します。
  2. Service Centerで、データベース接続を使用するための拡張機能を構成します。
  3. Service Studioで、アプリケーションの拡張機能を参照して使用します。

以下のセクションでは、これらの一般的な手順を1つずつ詳しく説明しています。

外部データベースへの接続を定義する

外部データベースのテーブルとビューを使用するには、データベース接続を作成します。

  1. OutSystems環境のService Center管理コンソールを開きます。

    ヒント: Service Studioで[Environment Management...]をクリックして、直接Service Centerを開きます。

  2. Administration]タブで、[Database Connections]を選択します。

  3. New Database Connection]をクリックし、フィールドに入力して外部データベースへの接続を設定します。

    データベース接続を微調整する必要がある場合は、[Advanced configuration]オプションを選択します。これで独自の接続文字列を定義できます。

  4. Test]をクリックし、接続が正常に機能しているかを確認します。

    データベースユーザーには以下の権限が必要です。

    • 必要な外部データベース上のテーブルとビューを表示する権限
    • それらのテーブルとビューに対して、Create、Read、Update、Delete操作の実行する権限
  5. Create]をクリックして、データベース接続を作成します。

テーブルまたはビューを拡張モジュールのエンティティにマッピングする

Service Centerでデータベース接続を構成した後、Integration Studioを使用して外部データベースのテーブルまたはビューをOutSystemsエンティティにマッピングする拡張機能を作成します。

  1. Service Studioに戻ってアプリケーションを開き、[New Module]を選択して新しい拡張モジュールを作成します。

  2. Integration Studioで、環境に接続します。

  3. 拡張ツリー内のEntitiesフォルダを右クリックして、[Connect to External Table or View...]を選択します。

  4. ウィザードの手順に従います。

    以下の点に注意します。

    • あらかじめ構成されたデータベース接続を選択する。
    • 必要なテーブルとビューを選択する。
    • 次のセクションで拡張機能を物理データベース接続に連結するために使用する、論理データベース名を定義する。
  5. ウィザードを閉じた後に、インポートした各アトリビュートのエンティティ名、説明とデータ型を再確認します。

  6. 1-Click Publish]を選択し、拡張モジュールをパブリッシュします。

    拡張機能を公開すると、拡張機能で使用するデータベース接続を構成する必要があることをOutSystemが警告します。

  7. 1-Click Publish]概要ウィンドウで、[Missing Configuration]警告を選択して[Configure]を選択します。

拡張機能を構成してデータベース接続を使用する

テーブルやビューをマッピングした後、Service Centerを使用してこの拡張機能で使用するデータベース接続を構成します。

  1. Service Centerで、[Factory > Extensions > <拡張機能名>]の[Operation]タブを開いていることを確認します。

  2. 拡張機能の論理データベース名を、拡張機能が実行時に使用するデータベース接続に関連付けます。

ランタイムデータに基づきデータベースを選択する必要がある場合もあります。通常は、適用可能なデータベースのスキーマは同一ですが、含まれるデータは異なります。

こうした場合、PlatformRuntime APIの(<../ref/apis/auto/platformruntime-api.final.md#DatabaseConnection_SetConnectionStringForSession>)アクションを使用できます。

アプリケーションで拡張機能を使用する

これで拡張機能をOutSystemsアプリケーションで使用する準備ができました。

  1. アプリケーションで、[Manage Dependencies...]をクリックします。

  2. 拡張機能に依存関係を追加し、アプリケーションで使用するエンティティを選択します。

これで、標準的なOutSystemsエンティティと同様に、拡張機能のエンティティを使用して外部データベースのデータを操作できます。

  • Was this article helpful?