Skip to main content

 

拡張および連携

 

OutSystems

リソースを定義する

拡張機能の作成後、拡張機能が必要とするリソースを定義します。拡張機能のリソースは[Resources]ツリーに表示されます。

拡張機能が保存されると、これらすべてのリソースはXIF(Extension and Integration Framework)ファイルにまとめられます。

リソースはIntegration Studioによって暗黙的に追加できます。また、どのようなファイルでも拡張機能のリソースとして追加できます。たとえば、拡張機能のアクションに関連するアイコンやヘルプファイルは、Service Studio開発者にとって利用可能である必要があります。

新しい拡張機能を作成する際、または拡張機能ソースコードを更新する際に、Integration Studioはテンプレートファイルに基づいて生成されたソースファイルをリソースとして暗黙的に追加します。詳細については、「拡張機能のソースファイル」をご覧ください。

リソースを追加するには、以下の手順を実行します。

  1. リソースディレクトリに追加したいファイルをコピーします。ファイルをコピーすると、[Resources]ツリー内のリソースのステータスが「Excluded」になります

    リソースディレクトリを決定するには、Resourcesアイコンを右クリックして[Open]オプションを選択します。

  2. このファイルを右クリックし、[ Include in Extension option. Once the file is added as resource, the status is Included]を選択します。

  3. 以下のプロパティを指定します。

    • Name: リソースの名前。
    • Last Modified: 最後の保存以降、リソースが直近で修正された日付と時間を示す読み取り専用プロパティ。
    • Deploy Action: 拡張機能を追加したモジュールをパブリッシュした場合に、リソースが保存されるPlatform Serverの場所。
    • Description: リソースの説明。

リソースプロパティは、リソースエディタで後から変更できます。

  • Was this article helpful?