Skip to main content

 

拡張および連携

 

OutSystems

拡張機能ストラクチャを定義する

Integration StudioはIntegerまたはTextのような基本データ型を提供しますが、ストラクチャを使用するとさらに複雑なデータ型を定義できます。定義したストラクチャは、パラメータとアトリビュートのデータ型の定義で使用できます。このような場合、Recordデータ型またはRecord Listデータ型を使用する必要があります。

.NETクラスで複雑なデータを処理するコンポーネントと連携する場合、ストラクチャが必要です。たとえば、このコンポーネントにFile NameとFile Sizeという2つのアトリビュートを持つFileクラスがあるとします。Integration Studioでは、この定義でストラクチャを作成し、その後レコードやレコードリストの定義に使用できます。

ストラクチャを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. Multi-tree NavigatorのStructuresフォルダを右クリックし、 [Add Structure]オプションを選択します。

  2. 以下のプロパティを指定します。

    • Name: ストラクチャの名前。
    • Description: ストラクチャの説明。

    これらのプロパティの詳細については、「ストラクチャのプロパティ」をご覧ください。

  3. アトリビュートエディタを編集して、ストラクチャのアトリビュートを指定します。

ストラクチャのプロパティは、ストラクチャエディタで変更できます。

ストラクチャを定義し、拡張機能をPlatform Serverにパブリッシュした後、これらのストラクチャにリファレンスを追加すると、Service Studio開発者がモジュールでストラクチャを使用できるようになります。

  • Was this article helpful?