Skip to main content

 

独自コードでロジックを拡張する

 

OutSystems

データベースからエンティティをインポートする

OutSystemsは外部データベースと連携し、こうしたデータベースのデータをOutSystemsアプリケーションで使用できるようにします。

これには、Integration Studioの[Connect to External Table or View]ウィザードを使用できます。これは自動的に外部データベースへのコネクタを作成し、アプリケーションデータレイヤーの一部としてService Studioで使用できるエンティティとエンティティアトリビュートを定義することにより、外部データベースのデータを透明な形で使用可能にします。

サポートされている外部データベースのリストについては、「システム要件」をご覧ください。

インポート処理は、異なるツールで実行される複数の手順で構成されます。必要な手順すべてを網羅した「外部データベースへの接続」の指示に従ってください。

  • Was this article helpful?