Skip to main content

 

拡張および連携

 

OutSystems

拡張機能の要素を定義する

拡張機能を作成したら、要素の定義を作成または更新する必要があります。

アクション
手動で作成するか、.NETアセンブリからインポートします。
ストラクチャ
手動で作成します。
エンティティ
手動で作成するか、特定のデータベーステーブルからインポートします。
リソース
拡張機能のライフサイクル中、ほとんどの必須ファイルがIntegration Studioに自動的に含められます。拡張機能を作成すると、ブートストラップに必要なすべてのファイルが自動生成されていることを[Resources]ツリーで確認できます。必要に応じて、Helpファイルや画像など、他の種類のリソースを追加できます。
  • Was this article helpful?