Skip to main content

 

拡張および連携

 

OutSystems

拡張機能を作成する

Integration Studioを使用すると、Service Studioで使用できるがサードパーティの技術で実装されている一連のアクションエンティティストラクチャからなる拡張機能を作成できます。拡張機能は、Platform Serverでパブリッシュされた後にすべてのモジュールで使用できます。

新しい拡張機能をパブリッシュするには、Change & Deploy Applications(アプリケーションの変更とデプロイ)権限が必要です。

インフラにLifeTimeがインストールされていない場合、Service Centerがユーザー管理を実行します。この場合、新しい拡張機能をパブリッシュするには、Allow Extensions(拡張機能の許可)権限が必要です。拡張機能でエンティティのエクスポートを行う場合、Allow Foreign Entities(外部エンティティの許可)権限も必要です。

拡張機能の作成方法

  1. [File]メニューまたはツールバーで、[ New]をクリックします。

  2. Connect to Environment]ウィンドウで情報を入力し、[Connect]をクリックします。この手順は、セッションごとに1回のみ必要です。

  3. 以下のプロパティに値を指定します。

    • Name: 拡張機能の名前。
    • DBMS: 拡張機能との連動が想定されるDBMS(データベース管理システム)タイプ。
    • Description: 拡張機能の説明。

これらのプロパティは、拡張機能エディタで後から変更できます。

拡張機能の要素

拡張機能の作成後、使用している外部コンポーネントでエクスポートする要素に対応するアクションストラクチャエンティティリソースを定義します。

Integration Studioは、アクション動作の開発開始を可能にする、必要なソースファイルを自動的に作成します。ファイルはこの拡張機能の[Resources]ツリーで確認できます。

  • Was this article helpful?