Skip to main content

 

拡張および連携

 

OutSystems

拡張機能の1-Click Publishを行う

1-Click Publishは、Platform Serverに拡張機能をパブリッシュするために必要なすべてのオペレーションをワンステップで実行します。

1-Click Publishオペレーション

1-Click Publishには、以下のオペレーションが含まれます。

検証
拡張機能が有効かどうかを確認します。詳細については、「拡張機能を検証する」をご覧ください。
ソースコードの更新
IDE(統合開発環境)に追加したソースコードを、拡張機能要素の定義と同期させます。「拡張機能のソースコードを更新する」をご覧ください。
コンパイル
拡張機能の主要なDLL(動的リンクライブラリ)を生成します。「拡張機能をコンパイルする」をご覧ください。
保存
拡張機能を保存し、XIF(Extension and Integration Framework)ファイルにすべてのリソースをまとめます。
Upload
接続しているPlatform Serverに拡張機能をアップロードします。
パブリッシュ
接続しているPlatform Serverに拡張機能をパブリッシュします。このオペレーションにより、このPlatform Serverで拡張機能が利用可能になります。

1-Click Publishi

1-Click Publishを実行するには、以下の手順に従います。

  1. [File]メニューまたはツールバーで、[1-Click -Publish]を選択します。

    このオペレーションを行うには、拡張機能がデプロイされホストされるサーバーに接続している必要があります。未接続の場合は、Integration Studioがサーバーの選択を促すプロンプトを自動的に表示し、その後接続を確立します。[Select Server]ウィンドウでのサーバーの選択方法をご覧ください。

  2. [1-Click Publish]ウィンドウで、処理の進捗を確認できます。

1-Click Publishのアクセス権限

新しい拡張機能をパブリッシュするには、Change & Deploy Applications(アプリケーションの変更とデプロイ)権限が必要です。

インフラにLifeTimeがインストールされていない場合、Service Centerがユーザー管理を実行します。この場合、新しい拡張機能をパブリッシュするには、Allow Extensions(拡張機能の許可)権限が必要です。拡張機能でエンティティのエクスポートを行う場合、Allow Foreign Entities(外部エンティティの許可)権限も必要です。

  • Was this article helpful?