Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

OutSystems

独自コードでロジックを拡張する

Integration Studioは、エンタープライズシステムとの連携やOutSystemsの既存の機能とデータモデルの拡張を行うための環境を熟練のソフトウェア開発者に提供します。OutSystemsでは、拡張機能によって高度な連携を実現します。

拡張機能を使用すると、以下のことが可能になります。

  • カスタムビルド.NETコンポーネントを使用して、モジュールの機能を拡張する。
  • 外部システムと連携して、モジュールの機能を拡張する。
  • 外部のリレーショナルデータベースと連携して、モジュールのデータモデルを拡張する。

Integration Studio環境は、連携コンポーネントとアドオンの開発を促進、自動化する機能を提供します。

  • 迅速かつ効率よく拡張機能を作成してコアシステムまたはレガシーシステムとの連携を実現できる、完全に統合されたビジュアル環境

  • 外部データベースのリバースエンジニアリング(イントロスペクションとも呼ばれる)、および..NETアセンブリの変換を行い、拡張機能アクション、エンティティ、ストラクチャに変える自動ウィザード

  • すべてのPlatform Server内で、すべての依存関係を含めた拡張機能の即時リモートデプロイメントを可能にする1-Click Publish機能。パブリッシュ後は、モジュールで拡張機能を使用できます。

  • エンタープライズおよび外部システムとの連携を自動化し、拡張機能のライフサイクルを拡張する高度な特殊環境。Integration Studioは熟練のIT開発者に、OutSystemsアプリケーションを他のシステムと連携させるために構築されたコンポーネントのパッケージ化をしやすくするツールを提供します。

拡張機能管理に関わる機能は、拡張機能の管理、バージョン、オペレーション、デプロイメントをサポートする一元管理コンソールであるService Centerを通じて利用可能です。

Integration Studioのターゲットユーザーは、Microsoft .NET、Microsoft SQL Server、Oracle Databaseなど、OutSystemsがサポートしているネイティブ技術でのプログラミングスキルを有する開発者です。

シナリオ例

以下の例では、住宅ローンの毎月の支払い額を計算するメソッドが.NET内にあります。OutSystemsロジックを使用してこのメソッドを一から実装するのではなく、以下のようにメソッドを拡張モジュールにカプセル化します。

  1. アプリケーションに新しいモジュールを追加し、Extensionモジュールタイプを選択して、名前を「MortgageLib」に設定します。

  2. Integration Studioで新しいCalculateMortageアクションをActionsフォルダ内に作成し、CalculateMortageアクションシグネチャを下の画像のとおりに定義します。

  3. アクション用のスタブを自動的に生成し、コードの実装とテストを行うIDEを起動するために、[Edit Source Code]をクリックします。

  4. コーディングが終了したらIntegration Studioに戻り、[1-Click Publish]をクリックして拡張機能をデプロイします。

新しい拡張機能をアプリケーションで使用するには、以下の手順を実行します。

  1. Service Studioで[Manage Dependencies]ウィンドウからCalculateMortgageアクションを選択し、アプリケーションの依存関係として追加します。

  2. エンドユーザー入力を検証した後、アプリケーションロジック内の拡張アクションを呼び出します。

このセクションの記事

  • Was this article helpful?