Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

OutSystems

タイマーを監視する

OutSystemsではタイマー情報に関するログが記録されているため、過去の実行や実行スケジュールを確認できます。これらのオペレーションは、Service Centerで行います。

権限を持っている場合は、eSpaceのタイマーとログ情報のみを確認できます。

  • LifeTimeを使用している場合: アプリケーションに対するList以上のセキュリティレベルが必要です。必要に応じて管理者に問い合わせ、必要権限の付与を依頼してください。

  • LifeTimeを使用していない場合: eSpaceのRead Only(読み取り専用)権限が必要です。必要に応じてService Center管理者に問い合わせ、必要な権限の付与を依頼してください。

タイマーの実行中にエラーが発生した場合などに、タイマーの過去のアクティビティを確認するには、以下の手順を実行します。

  1. Service Centerに移動します。
  2. Monitoring]タブの[Timers]をクリックします。
  3. フィルタを使用して対象のタイマーを検索します。

  • Was this article helpful?