Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

OutSystems

プロセス拡張アクションを使用する

eSpaceのプロセスまたはプロセスアクティビティのライフサイクルを管理するために、プロセス拡張アクションプロセスアクティビティ拡張アクションが提供されています。これらは、[eSpace]ツリーの[Processes]レイヤーにある、プロセスおよびプロセスアクティビティにあります。

プロセス拡張アクションまたはプロセスアクティビティ拡張アクションを実行する

eSpace]ツリーの[Processes]レイヤーで、プロセスまたはプロセスアクティビティの拡張アクションをドラッグして、アクションフローにドロップします。

拡張アクションには、入力パラメータと出力パラメータを持たせることができます。

入力パラメータ

アクションが呼び出されると、Launch<Process Name>要素のArgumentsプロパティによってインスタンス化されます。

出力パラメータ

以下のいずれかの方法で、Launch<Process名>プロセス拡張アクションの出力パラメータを使用できます。

  • 直接、Launch<Process名>.Idと入力する。

    例: PaymentプロセスのLaunchPaymentアクションを使用した後、LaunchPayment.Idを使用し、開始されたプロセスの識別子にアクセスできます。

  • Localsフォルダへのアクセス権限を持つ特定のエディタを使用する。

    例: [Expression]エディタで数式を編集中に、[Scope]ツリーにLocalsフォルダが一覧表示されます。

参照

プロセスおよびプロセスアクティビティの拡張アクションは、以下のとおりです。

要素 拡張アクション 説明
Process Launch<Process名> Processのインスタンスを開始します。
Human Activity Close<Human Activity名> Human Activityを閉じます。
Wait Close<Wait名> Waitアクティビティを閉じます。
Conditional Start Start<Conditional Start名> Conditional Startアクティビティを開始します。

このセクションの記事

  • Was this article helpful?