Skip to main content

 

アプリケーションの開発

 

OutSystems

プロセスアクティビティコールバックアクションの使用

プロセスのプロセスフローを設計する際には、ビジネスルールを追加して、そのプロセスアクティビティがライフサイクルの特定のステージで実行されることを検証できます。これにより、指定した条件を確認できない場合は、アクティビティインスタンスの実行をブロックまたは停止することが可能になります。この動作は、アクティビティコールバックアクションを使用して実装できます。

アクティビティコールバックアクションを追加する

  1. eSpace]ツリーの[Process]レイヤーで、Process Activity要素を右クリックして、コールバックアクションを選択します。

  2. アクションの動作を設計します。

ビジネスルールは、使用可能な以下のアクティビティコールバックアクションに対して設計できます。

  • On Ready: このアクションは、Conditional StartHuman Activity、またはWaitアクティビティインスタンスが処理を開始する前に実行されます。

  • On Open: このアクションは、エンドユーザーがタスクボックスのタスクを開こうとしたとき、つまり、Human Activityインスタンスが開かれたときに実行されます。

  • On Start: このアクションは、Conditional Startアクティビティインスタンスが外向きのフローの実行を開始しようとしているときに実行されます。

  • On Close: このアクションは、Human ActivityまたはWaitアクティビティインスタンスが実行を終了しようとしているときに実行されます。

  • On Skip: このアクションは、Human ActivityまたはWaitアクティビティインスタンスがスキップされようとしているときに実行されます。

以下の表は、どのコールバックアクションが実行されるのかを、アクティビティごとにまとめたものです。

Tool On Ready On Open On Start On Close On Skip
Start - - - - -
Conditional Start Yes - Yes - -
Human Activity -
Send Email - - - - -
Automatic Activity - - - - -
Execute Process - - - - -
Wait - -
Decision - - - - -
End - - - - -

プロセスレベルでのアクティビティコールバックアクションの設計

同じビジネスルールが(プロセスフローの)複数のプロセスアクティビティのコールバックから実行されている場合には、共通のビジネスルールをすべて1つの場所に移動することができます。これが、プロセスレベルの共通コールバックアクションです。これを利用するには、対応するアクティビティコールバックアクションをプロセスに追加し、そこで共通のビジネスルールを設計します。

プロセスレベルのアクティビティコールバックアクションは、アクティビティコールバックアクション名に挿入されているActivityという文字列で識別されます。たとえば、On StartおよびOn Closeアクティビティコールバックアクションには、プロセスレベルで対応する共通のコールバックアクション、On Activity StartおよびOn Activity Closeがあります。

プロセスレベルでアクティビティコールバックアクションを追加する

  1. eSpace]ツリーの[Process]レイヤーで、Process要素を右クリックして、選択可能なOn Activity ...アクションを選択します。

  2. アクションの動作を設計します。

プロセスが実行されているとき、アクティビティコールバックアクションは次のように実行されます。

プロセスで定義されたアクティビティコールバックアクションを実行する(該当する場合)。

アクティビティで定義されたコールバックアクションを実行する(該当する場合)。

プロセスフローで実行されるサブプロセスは、コールバックアクションを継承しません。これは、各プロセスレベルには依存関係のない独自のコールバックアクションがあることを意味しています。

  • Was this article helpful?