Skip to main content

 

アプリケーションの開発

 

OutSystems

シーケンシャルアクティビティの設計

順次実行させるアクティビティを設計するには、フローパスで実行順にアクティビティを配置します。

プロセスが実行されると、フローに設定された順に1つずつアクティビティが実行されます。プロセスの実行は現在のアクティビティが終了したときにのみ、次のアクティビティに進みます。

例として、採用応募者の対応プロセスを考えます。このプロセスでは、応募者を選抜し、職務経歴書を検証し、応募者を面接し、集められたフィードバックを基に採用の判定を行います。

  • Was this article helpful?