Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

OutSystems

軽量プロセスを使用してスケーラブルなデータベースキューイングを設計する

OutSystemsのプロセスは、長時間にわたり実行されるプロセスをモデリングして実行できるように設計されており、長い時間をかけて特定のイベントを発生させることが可能です。各プロセスインスタンスのそれぞれのアクティビティは、データベースで追跡できます。

軽量プロセス実行を有効化にすると、追跡を必要としないより単純なプロセスを大幅に高速に実行できるようになり、イベント処理のスループットが向上します。このような軽量実行モードは、イベントブローカのように1日に数千ものイベントを処理し、スケーラブルなデータベースキューイングを必要とする大規模なイベント駆動型プロセスに対して有効です。

軽量プロセス実行の恩恵を受けるのは、以下の条件をすべて満たすプロセスです。

  • 構造が簡素化されている(Start > Automatic Activity > End)。
  • データベースイベントによってトリガーされる。
  • Expose Process Entityプロパティが[No]に設定されている。

この種のプロセスは、プロセスインスタンスやアクティビティインスタンスを作成しないため、プロセス履歴は利用できません。また、Automatic Activityの開始日の定義もサポートされていません

軽量プロセス実行を有効化する

モジュールで軽量プロセス実行を有効化するには、以下の手順を実行します。

  1. OutSystems環境のService Center管理コンソールに移動します。

  2. [Factory]セクションに移動し、アプリケーションを選択します。

  3. アプリケーションの詳細画面で、軽量プロセス実行を許可するプロセスを含むモジュールを選択します。

  4. モジュールの詳細画面で、[Operation]タブに移動し、[Light process execution]オプションにチェックマークを付けます。

  5. [Apply]ボタンをクリックします。この設定変更には、モジュールの再パブリッシュが必要です。

  6. [Versions]タブに移動し、モジュールをパブリッシュします。軽量プロセス実行の恩恵を受けるプロセスのコンパイルメッセージが表示されます。

    Service Studioを使用してモジュールをパブリッシュした場合も、同じコンパイルメッセージが表示されます。

軽量プロセス実行は、OutSystemsのメインデータベースとしてSQL ServerかOracleを使用する.Net Platform Serverで使用できます。

  • Was this article helpful?