Skip to main content

 

アプリケーションの開発

 

OutSystems

データベースから重複を除外した値を取得する

データベーステーブルには、重複した値を持つ列が存在することがあります。重複データをすべて取得するのではなく、重複を除外した値だけを取得する場合があります。

OutSystemsでエンティティアトリビュートの重複を除外した値を取得するには、グループ化されたカラムを持つAggregateを使用します。

エンティティアトリビュートの重複を除外した値を入手するには、以下の手順を実行します。

  1. アクションフローのAggregateにエンティティを追加します。
  2. 重複を除外した値を入手するアトリビュートで、Aggregateメニュー をクリックし、アトリビュートでグループ化することを選択します。

Aggregateでアトリビュートをグループ化した後は、Aggregateはグループ化されたアトリビュートだけを出力します。

場所のレビューや評価ができるGoOutWebというアプリケーションで、レビューが不適切として報告されたエンドユーザーを把握します。 エンドユーザーの複数のレビューが不適切として報告されている可能性もあるため、重複を除外したエンドユーザーだけを取り出します。

  1. Aggregateを1つ作成し、ReviewエンティティとReviewReportエンティティを[Data]タブからAggregateにドラッグします。
  2. [Sources]パネルで、不適切とされたレビューのみをAggregateが取り出すようにReview Only With ReviewReportへの結合条件を更新します。
  3. Review.UserIdアトリビュートで、Aggregate メニュー をクリックし、[Group by UserId]を選択します。AggregateはReview.UserIdアトリビュートの重複を除外した値のみを返します。

データベースから重複を除外した値を取得する