Skip to main content

 

アプリケーションの開発

 

モバイルアプリが対象
OutSystems

同期フレームワークの参照

以下に示すように、サーバーとアプリケーションとの間でデータを同期するフレームワークには様々な要素があります。実装の概要については、「オフライン同期を実装する」をご覧ください。

Logicタブ > Client Actions > OfflineDataSyncフォルダ

Client ActionsのOfflineDataSyncフォルダに、ローカルエンティティを更新してサーバー側のロジックの対応するアクションとデータを交換する、モバイルデバイス上で実行されるすべてのアクションが含まれている必要があります。

OfflineDataSyncConfiguration

自動スタートと同期の再試行を設定するための複数の割り当てを含みます。

  • SyncOnOnline: Trueに設定されている場合、デバイスがオンラインになったときに同期をトリガーします
  • SyncOnLogin: Trueに設定されている場合、ログイン後に同期をトリガーします
  • SyncOnResume: Trueに設定されている場合、アプリケーションがバックグラウンドから復旧したら同期をトリガーします
  • RetryOnError: Trueに設定されている場合、エラー発生時に新しい同期を試みます
  • RetryIntervalInSeconds: 同期の再試行間隔を秒単位で設定します

TriggerOfflineDataSync

同期をスタートするには、TriggerOfflineDataSyncを使用します。TriggerOfflineDataSyncは、バックグラウンドで動作する非同期の同期および同期イベントのトリガーのために最適化されています。フローの実行をブロックして同期イベントをトリガーする必要がない場合を除いて、同期を開始する際にOfflineDataSyncを呼び出してはいけません。

SyncUnit
ビジネスロジックから同期アクションに渡される文字列入力パラメータです。同期するエンティティを決定する際に有効です。
DiscardPendingSyncUnits
Trueに設定されている場合、同期待ち行列を空にします。保留中の同期を中止してすぐに新しい同期を開始する場合に有効です。

OfflineDataSync

OfflineDataSyncは、クライアント上で実行されるロジックを作成するために使用されるデフォルトのアクションです。

SyncUnit
ビジネスロジックから同期アクションに渡される文字列入力パラメータです。同期するエンティティを決定する際に有効です。

[Logic]タブ > Server Actions > OfflineDataSyncフォルダ

Server ActionsのOfflineDataSyncフォルダに、サーバーエンティティを更新してクライアント側のロジックの対応するアクションとデータを交換する、サーバー上で実行されるすべてのアクションが含まれている必要があります。

ServerDataSync

ServerDataSyncは、サーバー上で実行されるロジックを作成するために使用されるデフォルトのアクションです。

SyncUnit
ビジネスロジックから同期アクションに渡される文字列入力パラメータです。同期するエンティティを決定する際に有効です。

[Logic]タブ > Client Actions > MobilePatterns

モバイルアプリは、ネットワークの状態とタイプを検出するための2つのアクションを備えています。これらはまた、式の中で関数としても利用可能です。

GetNetworkStatus

ブーリアン型の値を返します。オンラインはTrue、オフラインはFalseです。

GetNetworkType

テキスト型の値を返します。ネットワークのタイプ、たとえば、wifi4Gundefined(ブラウザのプレビューの場合)などの区別をします。

Interfaceタブ > UI Flows > Common > LayoutおよびLayoutBlank

UI要素が同期結果にどう応答するかを制御するアクションを作成するために、個々の画面のSourceブロックで以下のイベントリスナーを使用できます。

これらのイベントのイベントリスナーとしてアクションを作成するには、画面のウィジェットツリーを開き、画面でLayoutまたはLayoutBlankブロックインスタンスを選択し、イベントに対応するHandlerプロパティを入力します。

OnSyncComplete

同期の実行が成功したらトリガーされるイベントです。

SyncUnit
ビジネスロジックから同期アクションに渡される文字列入力パラメータです。同期するエンティティを決定する際に有効です。

OnSyncError

同期が失敗したらトリガーされるイベントです。

SyncUnit
ビジネスロジックから同期アクションに渡される文字列入力パラメータです。同期するエンティティを決定する際に有効です。
ErrorMessage
エラーを特定する文字列です。

OnSyncStart

同期がスタートしたらトリガーされるイベントです。

SyncUnit
ビジネスロジックから同期アクションに渡される文字列入力パラメータです。同期するエンティティを決定する際に有効です。

[Interface]タブ > UI Flows > MobilePatterns > Private

アプリケーションがオンラインかオフラインかを検出するために使用できるブロックを含みます。

NetworkStatusChangedブロック

ブロックを画面にドラッグし、NetworkStatusChangedイベント用の新しいアクションハンドラを作成します。イベントハンドラのフローの中に、IsOnline入力に対応するロジックを配置します。

  • Was this article helpful?