Skip to main content

 

アプリケーションの開発

 

モバイルアプリが対象
OutSystems

オフラインデータの同期パターン

このセクションでは、ローカルストレージ(モバイルデバイス)とサーバーデータベースとの間でよく使用されるデータの同期パターンをいくつか学習します。これらのパターンは、実際のユースケースに対する実装を作成するために使用できるサンプルとして提供されます。

各同期パターンについて、同期の仕組みの実装方法を調査する際に使用できる実用的なサンプルモジュールを用意しています。すべてのサンプルモジュールを含むアプリケーションをForgeからダウンロードします。

以下のパターンを扱います。

このセクションの記事

  • 読み取り専用データ
    アプリがオフラインの間にユーザーにはデータの読み取りのみが必要で、同期すべきデータが少ない場合に、この同期パターンを使用します。
  • 読み取り専用データ(最適化)
    アプリがオフラインの間にユーザーにはデータの読み取りのみが必要で、同期すべきデータが大量にある場合に、この同期パターンを使用します。
  • 読み取り/書き込み(最後の書き込み優先)
    アプリがオフラインの間に複数のユーザーが同じデータを変更する可能性が低い場合に、この同期パターンを使用します。
  • 衝突検出付き読み取り/書き込み
    アプリがオフラインの間に複数のユーザーが同じデータを変更する高度なシナリオで、この同期パターンを使用します。
  • 読み取り/書き込み(1対多)
    このデータの同期パターンは、エンティティが1対多の関係に従い、アプリがオフラインの間に複数のエンドユーザーが同じデータを変更する可能性が低いモバイルアプリに推奨されます。