Skip to main content

 

アプリケーションの開発

 

OutSystems

ウォッチ

ウォッチを使用すると、モジュールをデバッグしながらService Studioのモジュール要素を調べることができます。デバッグ中の要素のスコープ内にあるどうかを問わず、これらの要素は常に[Watches]タブに表示されます。この動作は、現在のスコープによって表示されるコンテンツが変動する他の[Scope]タブとは対照的です。

ウォッチを使用して以下を調べることができます。

  • パラメータ値
  • 変数
  • 画面ウィジェット

ウォッチを追加する

モジュール要素を監視するには、以下の手順を実行します。

  1. [Scope]タブまたはモジュールツリーのいずれかで、監視する要素を右クリックします。
  2. ポップアップメニューの[Add To Debug Watches]オプションを選択します。

監視対象となっているすべてのモジュール要素は、アルファベット順で[Watches]タブに表示されます。

ウォッチを削除する

モジュール要素を削除するには、以下の手順を実行します。

  1. [Watches]タブにある、監視対象の要素を右クリックします。
  2. ポップアップメニューの[Remove Watch]オプションを選択します。

すべてのウォッチを削除する

すべてのウォッチを削除するには、以下の手順を実行します。

  1. [Watches]タブ領域の任意の場所を右クリックします。
  2. ポップアップメニューの[Remove All Watches]オプションを選択します。

または、[Debugger]メニューの[Remove All Watches]オプションを選択します。

  • Was this article helpful?