Skip to main content

 

アプリケーションを保護する

 

OutSystems

永続的ログイン

エンドユーザーを認証する際、永続的ログインを使用することを選択できます。アプリケーションに一度ログインした後は、以下の場合を除き資格情報を再入力する必要ありません。

  • エンドユーザーがUser_Logoutアクションを使用して明示的にログアウトした場合。
  • エンドユーザーが一定の日数以上アプリケーションにアクセスしなかったため、永続的ログインがタイムアウトした場合。

Webアプリケーションでは、エンドユーザーがブラウザのクッキーの使用を有効にしている場合のみ永続的ログインが動作します。 セッションはブラウザごとに独立しているため、同じアプリケーションに対してブラウザやデバイスごとに異なる永続的ログインセッションを持つことができます。

永続的ログインを使用するには、User_Loginアクションからの入力であるRememberLoginを[True]に設定します。

永続的ログインセッションのデフォルト持続期間は、Webアプリケーションでは10日間、モバイルアプリケーションでは30日間です。
Webアプリケーションの場合は、サポートされているForgeコンポーネントのFactory Configurationを使用し、[Platform Configurations]タブのRemember Login(days)パラメータを変更することで持続期間をカスタマイズできます。
モバイルアプリケーションの場合は、Service Centerで永続的認証のMax Idle Timeパラメータを変更することで持続期間をカスタマイズできます。

たとえば、モバイルアプリ用のビルトインアプリケーションテンプレートの1つ(Phone、Tablet、またはUniversal)を使用してモバイルアプリケーションを作成すると、永続的ログインの使用はデフォルトになります。

  • Was this article helpful?