Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

OutSystems

For Eachを使用してリストを繰り返す

アプリケーションのロジックで、コレクションの各要素を繰り返し、ロジックの一部を再帰的に実行することが考えられます。OutSystemsでは、For Eachロジックノードを使用してリストを繰り返すことができます。

リストの要素を繰り返すには、以下の手順を実行します。

  1. For Eachフロー要素をアクションフローに追加します。
  2. Record Listプロパティに繰り返すリストを設定します。
  3. ループの本文部分に記述した命令を実装します。For Eachノードと繰り返すロジックの最初の命令を接続します。この最初のコネクタは「サイクル」と呼ばれ、サイクルの最初の部分を示します。
  4. ロジックの最後のステップをFor Eachノードと接続し、サイクルを閉じます。リストのCurrentランタイムプロパティ(<List>.Current)には、リストの中で現在繰り返されている項目が格納されます。

レストランや美術館のような場所の検索やレビューができるWebアプリケーションであるGoOutWebアプリケーションで、エンドユーザーが場所のレビューに写真を追加できるようにします。データベースにレビュー用の写真を保存するため、エンドユーザーから送信された写真のリストを繰り返す必要があります。

写真のリストを繰り返すには、以下の手順を実行します。

  1. データベースにレビューを保持するためのアクションであるReview_Createアクションを開きます。
  2. CreateReviewアクションの後、For Each要素をフローに追加します。
  3. PhotosリストをFor EachのRecord Listプロパティに割り当てます。
  4. Assignノードを追加します。この写真は送信されているレビューに関連するため、作成されたレビューのIDであるCreateReview.Idを、繰り返されている現在の写真のReviewIdアトリビュートであるPhotos.Current.ReviewIdに割り当てます。
  5. CreatePhotoアクションをフローに追加してそのSourceプロパティをPhotos.Currentとして設定し、データベースに写真を追加します。
  6. For Eachノードとサイクルの最初の命令であるAssignノードを接続すると、この矢印には「Cycle」と表示されます。
  7. サイクルの最後の命令であるCreatePhotoアクションをFor Eachと接続すると、サイクルが閉じます。

For Eachノードを使用したフローの詳細

  • Was this article helpful?