Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

モバイルアプリとリアクティブWebアプリにのみ適用されます

 

OutSystems

リアクティブWebおよびモバイルアプリのアクション

アプリの開発では、サーバー上で実行するロジックと、スマートフォンやタブレットなどのクライアントデバイス上で実行するロジックを作成します。

サーバーアクションとクライアントアクションのロジックフローは、Service Studioでの表示が異なります。キャンバスの左上に、クラウドまたはタブレットとスマートフォンのどちらかのインジケータアイコンが表示され、現在のアクションがサーバーとモバイルデバイスのどちらで実行されるのかを示します。

同じツールのツールボックスアイコンも、サーバーとクライアントとでは少し異なります。

ツールボックスとフロー

以下のアクションを作成できます。

  • データアクション
  • クライアントアクション
  • サーバーアクション

データアクション

たとえば、ホームバンキングのダッシュボードなどの一部の画面では、複雑な情報をデータベースやその他の外部システムから取得することが必要な場合があります。モバイルアプリとリアクティブWebアプリでは、これをデータアクションで行います。

データアクション

データアクションは、サーバー上で実行されます。データアクションを作成し、複雑なデータをデータベースから取得することができます。これは、サーバー上でAggregateを1回使用しただけでは実現できません。また、たとえば、REST APIを利用して外部システムからデータを取り出すことも可能です。

データアクションは、クライアントおよびサーバーのAggregateと同時に実行され、各画面のロード後にデータを取り出します。

ブロックにデータアクションを作成することもできます。

クライアントアクション

クライアントアクションは、ユーザーデバイス上でロジックを実行します。画面クライアントロジックという2つの異なるスコープでクライアントアクションを作成できます。

画面のスコープ: 画面によるユーザーインタラクションでロジックを実行します。たとえば、連絡先を更新する画面では、ユーザーによる[Save]ボタンのクリックに反応して連絡先を更新する更新ロジックを実行するクライアントアクションを作成できます。

クライアントアクションの例

また、ブロックにクライアントアクションを作成することもできます。

クライアントロジック: 複数の画面で再利用できるようにロジックをカプセル化します。たとえば、アプリの複数の画面に適用する必要がある検証ルールの場合、クライアントロジックに対して一般に適用されるクライアントアクションを作成し、画面のクライアントアクションで利用することができます。

検証の例

クライアントアクションを関数として設定して、クライアント側ロジックのExpressionの中で直接使用できます。

サーバーアクション

アプリでサーバーアクションを作成し、ロジックをカプセル化して他のサーバーアクション、データアクション、クライアントアクションなどで再利用することもできます。サーバーアクションは、サーバー上のロジックを実行します。

Service Studioのサーバーアクション

サーバーアクションを関数として設定して、サーバー側ロジックのExpressionの中で直接使用できます。