Skip to main content

 

パターン

 

 

OutSystems

DisplayOnDevice

特定のデバイスで要素を読み込むかどうかを選択するために使用します。

DisplayOnDeviceを使用して、異なるデバイスでの情報の表示方法を改善します。モバイルデバイスで表示しない要素を選択し、過剰なデータの読み込みを避けます。

使用方法

  1. DisplayOnDeviceパターンをプレビューにドラッグします。

  2. プレースホルダに必要なコンテンツを設定します。

  3. Behaviorをドロップダウンリストから選択します。

  4. パブリッシュしてテストします。

入力パラメータ

入力名 説明 必須 デフォルト値
Behavior 動作特定のデバイスで要素を読み込むかどうかを選択するために使用します。特に、モバイルデバイスで過剰なデータが読み込まれないようにするために役立ちます。パターンのコンテンツを設定してから、表示されるデバイスを変更します。 DeviceResponsive Identifier Yes なし
  • Was this article helpful?