Skip to main content

 

UIを設計する

 

 

OutSystems

コントロール

このセクションの記事

  • AnimatedLabel
    AnimatedLabelを使用すると、エンドユーザーが入力に集中してコンテキストを維持することができます。
  • ButtonGroup
    ButtonGroupは、ユーザーが利用可能な選択肢を表示します。
  • DatePicker
    DatePickerを使用すると、エンドユーザーがカレンダーを使用して単一の日付または日付の範囲を選択することができます。
  • Dropdown
    Dropdownを使用すると、エンドユーザーが複数のオプションから選択することができます。
  • DropdownSelect
    DropdownSelectにより、リスト内の検索機能や複数選択機能を提供します。
  • FileUpload
    FileUploadを使用すると、エンドユーザーがファイルを転送したりアプリケーションにコンテンツを追加したりできます。
  • FloatingActions
    FloatingActionsは、画面の右下にアクションをフローティング表示します。
  • InputWithIcon
    InputWithIconを使用すると、エンドユーザーがヒントを利用しながらデータを入力することができます。
  • RangeSlider
    RangeSliderは、エンドユーザーがスライダをドラッグして構成された範囲内の値を選択するオプションを提供します。
  • RangeSliderInterval
    RangeSliderInterval は、単一の値または2つの値の間の範囲を選択します。
  • SearchBalloon
    SearchBalloonを使用すると、結果を表示しながら、UIのコンテキストを失わずにユーザーがコンテンツを検索することができます。
  • Search
    Searchを使用すると、ユーザーがナビゲーションを使用せずにコンテンツの部分を見つけることができます。
  • TimePicker
    TimePickerは、リストから単一の時刻を選択します。
  • ToggleButton
    ToggleButtonは、エンドユーザーに2つの状態から選択するように求めます。
  • Video
    Videoは、ネイティブビデオプレーヤーを埋め込みます。
  • Was this article helpful?