Skip to main content

 

パターン

 

従来のWebアプリにのみ適用されます

 

OutSystems

Gallery

コンテンツのグループをスキャン可能なコレクションとして表示します。

Galleryを使用すると、最初と最後という概念で、ユーザーが情報を順番に参照することができます。多数のカードがあり、1つまたは複数のスキャン可能なコレクションにグループ化する必要がある場合に便利です。

使用方法

このブロック内の静的データまたはListウィジェットを使用して、Galleryパターンでアイテムを表示できます。

  1. リストまたは静的コンテンツをドラッグします。

  2. 入力パラメータでアイテム数を設定します。

入力パラメータ

入力名 説明 必須 デフォルト値
ItemsDesktop デスクトップにおける各行のアイテム数。 Integer False 5
ItemsTablet タブレットにおける各行のアイテム数。 Integer False 3
ItemsPhone スマホにおける各行のアイテム数。 Integer False 1
ExtendedClass このブロックにカスタムスタイルクラスを追加します。Text False なし

レイアウトおよびクラス

注記

ListRecordsのLine Separatorは[None]にする必要があります。

  • Was this article helpful?