Skip to main content

 

アプリケーションの開発

 

OutSystems

UIフロー

UIフローを使用して画面をグループ化し、インターフェイスとインタラクションの概要を把握します。メインエディタは、画面間の関連性を表示します。黒い線はリンクナビゲーションを示し、赤い線はナビゲーションの前に処理が含まれていることを示します。UIフローのメインエディタでコネクタを描くことができますが、これらの接続は表示のみであるため、画面で定義する必要があります。同じフローのすべての画面には、共通設定があります。

WebのUIフロー

WebアプリケーションのUIフローには、アプリケーションでURLを定義するエントリポイントがあります。プロパティIs Defaultが[True]に設定されているエントリポイントは、Webアプリケーションのインデックスページです。

WebのUIフローに画面とエンティティをドラッグ&ドロップし、アクセラレータを開始します(スキャフォールディング)。List ScreenDetail Screenツールを使用しても同様のことが可能です。WebアプリケーションのUIフローには、フローのすべての画面に適用されるセキュリティ設定があります。

モバイルのUIフロー

モバイルアプリケーションのデフォルト画面は、モジュールのDefault Screenプロパティで定義されます。モバイルアーキテクチャが原因で、リスト用のアクセラレータはモバイル実行時には存在しません。

UIフローのツールボックス

これらは、UIフローのメインエディタにドラッグして使用できるツールです。

| Web実行時のツールボックス | モバイル実行時のツールボックス| | |---|---| |||

以下の表は、UIフローのツールの説明と、Webやモバイルアプリで利用可能かどうかを示しています。

ツール 説明 実行時
List Screen ウィザードを開始してエンティティを選択し、検索とページネーションを備えたリストページを作成します。 Web
Detail Screen ウィザードを開始してエンティティを選択し、エンティティレコードを編集するページを作成します。 Web
Entry フローにエントリポイントを作成し、URLの部分を定義します。 Web
Web Screen Web画面を作成します。 Web
Screen モバイル画面を作成します。 モバイル
Web Block Webブロックを作成します。 Web
Block ブロックを作成します。 モバイル
Email メールコンテンツを作成します。 Web
Go To Destination 画面に移動します。 Web
External Site 特定のURLに移動します。 Web、モバイル
Comment 開発者に対するコメントを作成します。Service Studioに表示されます。Commentノードはロジックの一部ではありません。 Web、モバイル
  • Was this article helpful?