Skip to main content

 

アプリケーションの開発

 

 

OutSystems

詳細画面に移動する

アイテムの識別子を入力パラメータとして提供して別の画面に移動することで、エンドユーザーが特定のレコードの詳細を確認できるようにします。

リアクティブWebおよびモバイル

Reactive Webおよびモバイルで詳細画面に移動するには、以下の手順を実行します。

  1. リストを表示する画面で、List Itemウィジェットを選択します。
  2. List Itemウィジェットのプロパティで、On Clickイベントのハンドラとして対象画面を選択し、現在のリストアイテムの識別子を対象画面への入力引数として定義します。

従来のWeb

従来のWebで詳細画面に移動には、以下の手順を実行します。

  1. リストを表示する画面で、Linkウィジェットをリストに表示される項目の詳細と関連付けます。
  2. Linkウィジェットのプロパティで、Destinationプロパティに対象画面を選択し、現在のリストアイテムの識別子を対象画面への入力引数として定義します。

  • Was this article helpful?