Skip to main content

 

アプリケーションの開発

 

OutSystems

プレースホルダを使用して画面レイアウトを設計する

OutSystemsでは、レイアウトを使用すると、画面上の要素の配置とルックアンドフィールを定義できます。 レイアウトは多くの画面で再利用でき、一貫性があり レイアウトを使用するすべての画面で共有できる静的コンテンツと動的コンテンツを使用して、開発者が各画面を作成できるようにレイアウトを設計できます。

レイアウトを作成して使用するには、以下の手順を実行します。

  1. ブロックを作成します。
  2. テキストや画像などの静的コンテンツを追加します。
  3. 動的コンテンツのスペースを確保するためにPlaceholdersを追加します。
  4. 画面のレイアウトを使用するには、以下の手順を実行します。
    1. レイアウトを実装しているブロックを画面に配置します。
    2. 画面固有のコンテンツを入力します。

場所のレビューや評価ができるアプリケーションに、ダッシュボードを追加します。ダッシュボードは他の画面とはデザインが異なるため、特別のレイアウトを作成します。

  • 上部は、タイトルと円グラフの2つの領域に分けます。
  • 下部は、タイトルと最新5件のレビューの1つの領域です。

ダッシュボードのレイアウトを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. 「Layout_Dashboard1」という名前のブロックを作成します。
  2. 以下の画像で示されているように、プレースホルダを使用して、ブロックのストラクチャを構築します。ウィジェットツリーで示されているように、コンテナを使用してプレースホルダのグループ化と配置ができるようにします。

レイアウトを使用するには、以下の手順を実行します。

  1. [Dashboard]画面に移動し、Layout_Dashboard1を画面に追加します。
  2. 「Reviews per Day」と「Places by Category」という名前のグラフを上部に追加します。
  3. 最新5件のレビューを取得し、下部に一覧表示します。データベースからデータを取り出す方法について学習します。
  4. パブリッシュしてテストします。