Skip to main content

 

アプリケーションの開発

 

 

OutSystems

リストから1つの値を選択する

Dropdownウィジェット(リアクティブWebアプリやモバイルアプリ)またはCombo Boxウィジェット(従来のWebアプリ)を実装して、エンドユーザーが値のリストから1つの値を選択できるようにします。

リアクティブWebおよびモバイル

リアクティブWebアプリやモバイルアプリでリストから1つの値を選択するには、以下の手順を実行します。

  1. ウィジェットツールボックスからDropdownウィジェットを画面にドラッグします。

    Service StudioツールバーのDropdown

  2. Listプロパティを値のリストに設定します。これがウィジェットのデータソースです。

  3. Options Contentプロパティを「Text Only」に設定します。
  4. Options Textを表示されている値を識別するアトリビュートに設定します。これらの値がドロップダウンリストに表示されます。
  5. 選択した値を保持する変数にVariableプロパティを設定します。

モバイルアプリのDropdown

多くの場合、ユーザーが値のリストで必要とするのはテキストです。しかし、高度な使用方法として、Options ContentプロパティをCustomに設定し、他のウィジェットをドロップダウンに追加することができます。この方法で画像を含むドロップダウンなどを作成できます。

従来のWeb

従来のWebアプリでリストから1つの値を選択するには、以下の手順を実行します。

  1. ウィジェットツールボックスからCombo BoxをWeb画面にドラッグ&ドロップします。
  2. Combo Boxに表示する値を持つエンティティにSource Entityプロパティを設定します。
  3. エンティティから表示するアトリビュートにSource Attributeプロパティを設定します。
  4. 選択した値に対応するエンティティ識別子を保持する変数にVariableプロパティを設定します。

WebアプリのCombo Box

注記: Combo Boxウィジェットには、リストに値を追加する方法がほかにもいくつかあります。

  • Was this article helpful?