Skip to main content

 

アプリケーションの開発

 

 

OutSystems

データベースに保存された画像を表示する

静止画像、URLから取得した外部画像、データベースに保存された画像など、異なる種類の画像をアプリケーションで表示できます。

モバイルの場合

データベースの画像をモバイルアプリで表示するには、以下の手順を実行します。

  1. 画像を表示する画面を開きます。
  2. データベースから画像を取得しているAggregateがあるかどうかを確認します。必要に応じてAggregateを追加します。
  3. Imageウィジェットをツールボックスから画面にドラッグします。
  4. TypeプロパティをBinary Dataに設定します。
  5. Image Contentプロパティを、画像を保存するエンティティアトリビュートに設定します。

Webの場合

データベースの画像をWebアプリで表示するには、以下の手順を実行します。

  1. 画像を表示する画面を開きます。
  2. データベースから画像を取得しているAggregateがあるかどうかを確認します。必要に応じてPreparationにAggregateを追加します。
  3. Imageウィジェットをツールボックスから画面にドラッグします。
  4. デフォルト画像として既存の画像リソースを選択するか、新しい画像をインポートします。この画像は、設計時はプレースホルダとして、実行中はデフォルト画像として使用されます。
  5. 画像を選択してTypeプロパティをDatabaseに変更します。
  6. Attributeプロパティを、データベースに画像を保存するBinary Data型のエンティティアトリビュートに設定します。
  7. Filenameプロパティに、エンドユーザーが画像を保存する際のファイル名を設定します。
  8. Entity Identifierプロパティに、表示する画像を含むエンティティレコードの識別子を設定します。