Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

リアクティブWebアプリにのみ適用されます

 

OutSystems

テーブルの作成および編集

Tableウィジェットは、画面にテーブルを作成し、行と列に割り当てられたセルにデータを表示する場合に使用します。このウィジェットは、リアクティブWebアプリで使用できます。

Tableウィジェット

Tableツールバー

Tableウィジェットを使用して作成したテーブルを選択した場合、メインエディタのTableツールバーを使用して列の移動、追加、削除を行うことができます。

Tableウィジェット

エンティティからテーブルを作成する

テーブルを最も簡単に作成するには、エンティティを画面にドラッグします。エンティティをドラッグしてテーブルを作成した場合、テーブルにはソート機能とページネーション機能が含まれます。

デフォルトの表示されるレコード数を変更するには、エンティティをドロップした画面に関連付けられたMaxRecordsローカル変数の値を編集します。

Tableウィジェット

新しい列を追加します。

アトリビュートをテーブルにドラッグすると、新しい列が自動的に追加されます。または、以下の手順を実行して新しい列を順番に追加します。

  1. テーブルを選択し、メインエディタのツールバーにある[Add New Column Left]または[Add New Column Right]をクリックします。
  2. Textウィジェットをヘッダーにドラッグし、ヘッダーテキストを入力します。
  3. Expressionウィジェットを列のセルにドラッグし、データを表示するようにExpressionを編集します。

このセクションの記事

  • Was this article helpful?