Skip to main content

 

アプリケーションの開発

 

 

OutSystems

サンプルデータ

OutSystemsのサンプルデータ

サンプルデータには、複数の業界に関連するドメインのレコードの例が含まれています。データは、画面テンプレートから作成された画面で使用されます。OutSystemsSampleDataDBモジュールを介してデータを参照します。

サンプルデータの管理はサンプルデータバックオフィス(http://<yourserver>/OutSystemsSampleData/)で行います。サンプルデータバックオフィスでは、以下のことができます。

  • サンプルデータの表示
  • サンプルデータのインポート
  • サンプルデータのリセット

サンプルデータを表示する

サンプルデータを表示するには、サンプルデータバックオフィスにアクセスして、[Backoffice]タブをクリックします。

サンプルデータをインポートする

画面テンプレートに独自データをインポートして使用するには、以下の手順を実行します。

  1. サンプルデータバックオフィスにアクセスします。
  2. Data Management]セクションの[Download Data]をクリックします。
  3. OriginalData.zip内のソースファイルに独自データを追加します。
  4. Data Management]セクションの[Choose File]をクリックして編集済みのzipファイルを選択します。
  5. Upload]をクリックします。

サンプルデータをリセットする

サンプルデータをリセットするには、サンプルデータバックオフィスにアクセスし、[Data Management]セクションの[Reset Data]をクリックします。

カスタムデータモデルおよびレコード

画面テンプレートのデータのソースとして独自のエンティティを作成することができます。これにより、ビジネス要件により適したものにすることができます。

  • Was this article helpful?